弥生時代の高地性集落

うなりとともに一陣の木枯らしが乾いた葉を巻き上げ、人々がコートの一番上のボタンを手で押さえ背中を丸めて歩く冬の日。 通り過ぎる足音と車の騒音を外の世界に留め、何十年ものカビの臭いが染み付いた店内では低く空調が響くだけ。 ・・・

弥生時代の環濠集落

週に3回はメディアで紹介される商店街。一日中途切れることのない人の波をよけながら一歩わき道に入ったところにある古本屋さん。 知る人ぞ知る老舗の古書店で、そこだけ時間が止まったようなたたずまい。さりとて近頃は洒落たカフェや・・・

弥生時代の建物

はるか南米の空気をも連れてきたような珈琲のふくいくたる香りが店内に満ちるころ。閉じられた本のページが静かに息をして止まっていた時間が再び動き出しました。 ズズズズズズ―。 元小学校の先生で今は古本屋の主である元木明人先生・・・

弥生時代の食事とその調理法

「もう飽きた」の父親の一言で3代続く老舗の古本屋を引き継ぐことになった元木明人先生。喧騒渦巻く小学校の教壇から空調の音だけがかすかに響く貴重本の聖地へと環境は大変化。 突然の転職にはじめこそ慌てた風もありましたがそこはそ・・・

弥生時代の青森

正木明人先生は元小学校の教師。今は父親の跡を継いで老舗の古本屋を営んでいます。中学1年生のたかや君は当時の教え子。 明人先生とお話をするのが大好きで、ちょいちょいやってきては色々と質問をしていきます。 年代物の厚いガラス・・・

弥生時代の上流階級の服装

小春日和の真っ青な空のもと、ワゴンセールの色あせた文庫本を丁寧に並べながらもう50円引こうかと思案するのはこの屋の店主。正木明人先生は元小学校の教師で今は古本屋を営んでいます。 気まぐれな父親より無理やりおしつけられたこ・・・

弥生時代の庶民の服装

明治の香りをそここに残す老舗の古書店。 染み付いたかびくさい空気がいい具合に天井近くの本を燻しあげ、絶対に人の手の届かないことをいいことに永い眠りについています。最新鋭の電気機器はただ低くうなるばかり。どうにも勝負になり・・・

弥生時代の静岡県(東海地方)

空調の利いた快適なはずの部屋の中でも優に二世代は越す本の威風にあってはおのずとその風は年月を帯びるもの。いかんともしがたい重い空気がやはり年代物の壁からも流れ出て、店全体にしみわたる。 今だ開封をみない段ボールに三方を囲・・・

弥生時代の髪型

正木明人先生は元小学校の教師。父親の跡を継いで老舗古本屋の店主が今の職業。店主というにはいささか風格不足で、年代物の黄ばんだ本よりメタリック輝くシャープな洋楽器がお似合いの風情。 それでもチョークをはたきに持ち替え、鼻歌・・・

弥生時代の食べ物とその種類

元小学校の教師、正木明人先生は今では古書店の店主。商売に飽きた父親から無理矢理押しつけられはたきを手に日焼けで黄ばんだ本の山を前にして呆然としていたところ。 教え子のたかや君(中1)が今日も今日とてやってきました。 明人・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ