「歴史」の記事一覧

弥生時代の庶民の服装

明治の香りをそここに残す老舗の古書店。 染み付いたかびくさい空気がいい具合に天井近くの本を燻しあげ、絶対に人の手の届かないことをいいことに永い眠りについています。最新鋭の電気機器はただ低くうなるばかり。どうにも勝負になり・・・

弥生時代の静岡県(東海地方)

空調の利いた快適なはずの部屋の中でも優に二世代は越す本の威風にあってはおのずとその風は年月を帯びるもの。いかんともしがたい重い空気がやはり年代物の壁からも流れ出て、店全体にしみわたる。 今だ開封をみない段ボールに三方を囲・・・

弥生時代の髪型

正木明人先生は元小学校の教師。父親の跡を継いで老舗古本屋の店主が今の職業。店主というにはいささか風格不足で、年代物の黄ばんだ本よりメタリック輝くシャープな洋楽器がお似合いの風情。 それでもチョークをはたきに持ち替え、鼻歌・・・

弥生時代の食べ物とその種類

元小学校の教師、正木明人先生は今では古書店の店主。商売に飽きた父親から無理矢理押しつけられはたきを手に日焼けで黄ばんだ本の山を前にして呆然としていたところ。 教え子のたかや君(中1)が今日も今日とてやってきました。 明人・・・

弥生時代の暮らしーふつうの人々の生活

今や古本屋の店主となった正木明人先生は元小学校の教師。はたきを持つ手も軽やかにはたかれているのはセール中をラベルを張られたワゴンの中の本の山。 もと教え子のたかや君は中学に上がってもいまだに彼を先生と呼び慕ってやってきま・・・

弥生時代の争い

以前は小学校で教鞭をとっていた正木明人先生。 今は古書店の店主となって一日中本に囲まれるながらのんびりとすごす日々を送っています。そこへやってきたのが中学1年生のたかや君。もと教え子でいつも先生のところに来ては質問をしま・・・

弥生時代、佐賀県の遺跡といえば吉野ケ里遺跡!

小学校の教師をしていた正木明人先生。父親の突然の「もう仕事飽きた」という宣言によってやむなく学校を引退、古書店主になりました。 たかや君は当時の教え子で今は中学1年生。家が近いこともあって今日も遊びに来ています。 たかや・・・

縄文人の精神世界

小学5年生のあさみちゃんがやって来たのは小さな学習塾。以前学校であさみちゃんを担任をしていた神山久美先生が経営しています。 あさみちゃん「先生こんにちは!今日はね、お土産持ってきたよ」 久美先生「こんにちは、あら、ありが・・・

縄文時代の生活道具

小さな学習塾を開いている神山久美先生は小学校の元教師。教え子だったあさみちゃん(5年生)が今日も遊びに来ています。 あさみちゃん「先生この間ね、縄文時代の体験授業で火を起こすことをやったんだよ。すごく大変で、手が痛くなっ・・・

縄文時代の服装ー冬

神山久美先生は元小学校の教師。今は家の一部を改造して小さな学習塾を開いています。 小学校の5年生のあさみちゃんは久美先生が小学校にいたころの生徒です。今日も宿題を手早く済ませると先生のところにやってきました。 あさみちゃ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ