「2018年6月」の記事一覧

弥生時代の環濠集落

週に3回はメディアで紹介される商店街。一日中途切れることのない人の波をよけながら一歩わき道に入ったところにある古本屋さん。 知る人ぞ知る老舗の古書店で、そこだけ時間が止まったようなたたずまい。さりとて近頃は洒落たカフェや・・・

弥生時代の建物

はるか南米の空気をも連れてきたような珈琲のふくいくたる香りが店内に満ちるころ。閉じられた本のページが静かに息をして止まっていた時間が再び動き出しました。 ズズズズズズ―。 元小学校の先生で今は古本屋の主である元木明人先生・・・

弥生時代の食事とその調理法

「もう飽きた」の父親の一言で3代続く老舗の古本屋を引き継ぐことになった元木明人先生。喧騒渦巻く小学校の教壇から空調の音だけがかすかに響く貴重本の聖地へと環境は大変化。 突然の転職にはじめこそ慌てた風もありましたがそこはそ・・・

弥生時代の青森

正木明人先生は元小学校の教師。今は父親の跡を継いで老舗の古本屋を営んでいます。中学1年生のたかや君は当時の教え子。 明人先生とお話をするのが大好きで、ちょいちょいやってきては色々と質問をしていきます。 年代物の厚いガラス・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ