「2018年5月」の記事一覧

弥生時代の上流階級の服装

小春日和の真っ青な空のもと、ワゴンセールの色あせた文庫本を丁寧に並べながらもう50円引こうかと思案するのはこの屋の店主。正木明人先生は元小学校の教師で今は古本屋を営んでいます。 気まぐれな父親より無理やりおしつけられたこ・・・

弥生時代の庶民の服装

明治の香りをそここに残す老舗の古書店。 染み付いたかびくさい空気がいい具合に天井近くの本を燻しあげ、絶対に人の手の届かないことをいいことに永い眠りについています。最新鋭の電気機器はただ低くうなるばかり。どうにも勝負になり・・・

弥生時代の静岡県(東海地方)

空調の利いた快適なはずの部屋の中でも優に二世代は越す本の威風にあってはおのずとその風は年月を帯びるもの。いかんともしがたい重い空気がやはり年代物の壁からも流れ出て、店全体にしみわたる。 今だ開封をみない段ボールに三方を囲・・・

弥生時代の髪型

正木明人先生は元小学校の教師。父親の跡を継いで老舗古本屋の店主が今の職業。店主というにはいささか風格不足で、年代物の黄ばんだ本よりメタリック輝くシャープな洋楽器がお似合いの風情。 それでもチョークをはたきに持ち替え、鼻歌・・・

弥生時代の食べ物とその種類

元小学校の教師、正木明人先生は今では古書店の店主。商売に飽きた父親から無理矢理押しつけられはたきを手に日焼けで黄ばんだ本の山を前にして呆然としていたところ。 教え子のたかや君(中1)が今日も今日とてやってきました。 明人・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ