「2018年4月」の記事一覧

弥生時代の暮らしーふつうの人々の生活

今や古本屋の店主となった正木明人先生は元小学校の教師。はたきを持つ手も軽やかにはたかれているのはセール中をラベルを張られたワゴンの中の本の山。 もと教え子のたかや君は中学に上がってもいまだに彼を先生と呼び慕ってやってきま・・・

弥生時代の暮らし-身分制の出現

もはや本来の色が何であったかも想像できない程の年月を経て、生命を宿したようなボロボロの本が並ぶ棚。時間が止まったようなその一角に思いっきり手を伸ばしているのは元小学校の教師で今は古本屋の店主をしている正木明人先生。 値段・・・

弥生時代の争い

以前は小学校で教鞭をとっていた正木明人先生。 今は古書店の店主となって一日中本に囲まれるながらのんびりとすごす日々を送っています。そこへやってきたのが中学1年生のたかや君。もと教え子でいつも先生のところに来ては質問をしま・・・

弥生時代、佐賀県の遺跡といえば吉野ケ里遺跡!

小学校の教師をしていた正木明人先生。父親の突然の「もう仕事飽きた」という宣言によってやむなく学校を引退、古書店主になりました。 たかや君は当時の教え子で今は中学1年生。家が近いこともあって今日も遊びに来ています。 たかや・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ