スポンサードリンク

FXの海外口座!開設のメリットと注意点!

FX」とは、「Foreign exchange」の略で、
外国為替証拠金取引」という意味です。

これは、簡単に言えば、利益を得るために、
一定額の証拠金を担保にして、
外貨を売買する、取引のことです。

FX会社などを通じて、インターネットから、
手軽に参加できる取引であり、
主婦や学生にも、利用が広がっています。

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s-300x200

まずFXをはじめるには、
口座を開設することから、スタートします。
国内以外に、海外口座も開設できます。

FX会社によって、行っているサービスや
手数料に違いがあるので、自分に合う会社で、
口座を開設しましょう。

ここでは、FXの海外口座を開設する時の、
メリットと注意点
について、ご紹介します。


スポンサードリンク




海外口座のメリットと注意点

<メリット>
  • レバレッジが自由
    国内では、レバレッジに制限がありますが、
    海外では、レバレッジ100倍などに、できます。

    ハイリスク・ハイリターンの取引を希望する
    人には、海外FXの方が、オススメです!

  • 日本語対応
    日本人サポートがいるFX会社なら、日本語で
    対応してくれます。英語ができないけれど、
    海外口座を開設したい人も、安心です。

  • ゼロカット制度
    もし、FXで大きな損失が発生しても、
    マイナス分は、0円でストップする制度です。
    追証が発生しないので、有り難いですよね。

<注意点>
    安全性・信頼性
  • お金を取引するに当たって、できる限り安全で、
    信頼できる会社を、利用したいですよね。

    でも、海外だと、
    そのFX会社が、安全で信頼できる会社なのか、
    見極めるのが難しいことがあります。

    もしトラブルが起きたときには、自己責任です。
    取引する会社は、慎重に検討しましょう。

  • 出金の手続きが面倒
    海外口座の場合、入金はクレジットカードで、
    簡単に行える所が、ほとんどのようです。

    それとは反対に、出金は紙の申請書を記入して、
    FAXで送信するケースもあり、少し面倒です。

    入金は、リアルタイムですが、
    出金には、5営業日ほど時間がかかるという、
    デメリットもあります。

  • 英語力が必要
    基本的に海外FXの会社は、日本語サポートが
    ありますが、中には、日本語に対応していない
    FX会社もあります。

    もし、トラブルが発生した時に、
    きちんと、英語でやりとりできるくらいの
    英語力自分自身にあれば、安心ですね。
ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s-300x200


おすすめの海外FX会社

  • XM(XEMarkets)
    最大888倍ものレバレッジをかけて、
    ハイリスク・ハイリターンの取引ができます。
    取引商品も100銘柄以上あり、充実しています。

    追証なしのゼロカット制度で、顧客満足度
    ナンバーワンの、海外FX会社です。

  • Pepperstone
    最大400倍のレバレッジをかけることができ、
    スマートフォンでも、取引することができます。

    日本人スタッフのサポートも、安心材料です。
    オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の認可を
    得ており、信頼性の高い、海外FX会社です。

  • FXPro
    狭いスプレッドと、最先端のトレード環境で、
    評価の高い海外FX会社です。
    追証なしの、ゼロカット制度を採用しています。

    イギリス・キプロス・オーストラリアの
    監督管理機関より管理されているので、
    信頼性も高く、安心です。

最後に

いかがでしたか。FXの海外口座を開設する時の、
メリットと注意点について、ご紹介しました。

FXを個人で行う場合は、仮に損失やトラブルが
発生しても、すべて自己責任になります。

海外のFX会社は、レバレッジが自由な反面、
何かトラブルが起きたときのリスクは、
常にあると思っていた方が、良いでしょう。

例えば、いざ出金する時になって、
スムーズにお金が引き出せないなどの、
トラブルが発生しないとも、限りません。

もしもの時に備えて、評判が良い会社や、
日本人サポートが充実した会社を選べば、
安心感も増すと思います。

海外に、FXの口座開設を行う時には、
十分調査をして、納得のいくサポートの会社を選びましょう!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ