スポンサードリンク

青春18きっぷの使い方!2人で使ってもおトクに!

rail-234318_640-300x225青春18きっぷ」って、ご存知ですか?

名前から連想されるのは、18歳の春休み、新たな進路に進む前に、自分を見つめ直す旅に出てみたい。

そんな時に使うのが、「青春18きっぷ」。

そんなイメージですが、実際は、
そんなイメージ戦略みたいなことはありません。

通常のJR各社の季節販売商品です。

  • 購入の年齢制限:なし
  • 利用の年齢制限:なし
  • 販売期間の制限:あり
  • 利用期間の制限:あり

列車の旅。車窓の風景。
追憶のキーワードですね。

スポンサードリンク




青春18きっぷとは?


11,500円で、最長5日間JR列車乗り放題の切符です。

正確には「JRの普通・快速列車」が乗り放題なんですが。
特急、新幹線には乗れません。
しかし、電車での移動の魅力はたっぷり堪能できます。

販売期間と利用期間は?


春休み、夏休み、冬休みの期間に利用できるように販売されます。
(2014年の例)
  • 春期:
    利用期間:3月1日~4月10日
    販売期間:2月20日~3月31日

  • 夏期:
    利用期間:7月20日~9月10日
    販売期間::7月1日~8月31日

  • 冬期:
    利用期間:12月10日~1月10日
    販売期間::12月1日~12月31日

JRだけでなく、安い切符には日程の制約がつきものです。
利用期間よりも先に、販売期間が終了してしまうので、
事前に利用スケジュールと販売スケジュールを、
きちんと確認しておくことをおすすめします。

利用期間が始まっていない例)
7月10日に青春18きっぷを買ったぞ!と改札に向かっても、
利用期間ではないので、駅員さんに止められます。

販売期間が終了した例)
9月3日に旅に出よう!と思い立っても、
販売期間が終了しているので、
青春18きっぷを買うことはできません。

また、春期に購入したものが余ったからと言って、
次の夏期に利用することはできませんので、ご注意ください。

格安切符は、期間内に使い切り!
これが合言葉です。

どこで買えるの?

  • JR各駅の「みどりの窓口
  • 指定席券売機
  • JRきっぷを取り扱う旅行会社
「指定席券売機」は、地方の駅には設置されていないこともあります。

青春18きっぷの値段は?


1枚 11,500円
1枚で5回乗り放題です。

1回辺りは…
11,500円 ÷ 5 = 2,300

この場合の「1回」というのは、
1日の最初の改札」を「1人」が通る回数です。

2人で使うとすると、2日間(2人で1往復)と1回分となります。

1日当たりの移動料金が、2,300円を超えると、
それだけで十分に元が取れています

青春18きっぷの使い方は?


青春18きっぷは「1枚の切符」です。

その1枚の切符に、
改札のハンコ(通った日付)」を、
1日1回押していく形になります。

押印したその日、1日がJR全線の
普通列車が乗り降り自由
となります。

改札は、最初に有人改札を通り、次からも有人改札を通ります。
「押したハンコを、駅員さんが確認する」のが利用原則なので、
自動改札は利用できません。

地方の場合は、自動改札がありませんが。

2人以上で青春18きっぷを使いたい時は?


使い方は、1人でも2人でも5人でも、基本的には同じです。
但し、複数人数で使う場合は、「同一行程」で使うことが、
利用期間と同じくらい大事なお約束です。

同一行程:全員が同じ移動をする

2人が、同じ駅から乗り、同じ駅で降りるという場合は、
「同一行程」に関しては、特に気にしなくてもいいです。

青春18きっぷが「5回分」ということで、
2人だと、5は2で割り切れないので、

「1枚余って、なんだかもったいない」

と、敬遠するのは早計です。

東京~仙台の往復旅行の料金例)
  • 往復:東京~仙台
  • 通常運賃:5,940円(片道)、11,880円(往復)
  • 青春18きっぷ:2,300円(片道)、4,600円(往復)
  • 差額:3,640円(片道)、7,280円(往復)
1人当たり、7,280円浮いてしまいました!

ホテル代にあてるもよし、おいしい食事にあてるもよし、
素敵なお土産にあてるもよし。

夢が膨らみます。

浮いた金額を知って、文字通り浮かれてしまいましたが、
実は、余った1日分を使わなくても、十分にお得なのです。

  • 通常料金(2人分):11,880円 × 2人分 = 23,760
  • 購入料金(2人分):11,500
  • 差額(2人分):23,760円 - 11,500円 = 12,260
  • 差額(1人分):12,260円 ÷ 2人分 = 6,130

つまり、1人当たり6,130円お得なのです。

どうしても、「余った1回を無駄にしたくない!」
という場合は、1人で日帰り旅行や、
通常の日帰り移動に利用してもよろしいかと。

既に金額的に元は取れているので、
手元に残る「使いかけの切符」を何とかしたい!
という達成感が、重要なのかもしれません。

その気持ち、わかります。
切符の全工程に、きちんとハンコが押されていると、
気持ちいいですよね。

そのためにも、無駄のない予定を組みたいものですね。

個人的には、JR各社をまたがって乗ることができるので、
時刻表とにらめっこしながら、鈍行と快速を乗り継いで
行けるところまで行くのが楽しいです。

時間に余裕がないと、出来ませんが。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ