スポンサードリンク

防犯!ドアにカメラを付けても大丈夫?

防犯
今の世の中、これをせずに生活ができませんね。

私は、今、賃貸アパートに、
一人暮らしをしているのですが、最近、
悪辣ないたずらを、受けました。

夜中に、インターホンを押されたり、
扉をノックされたりと、とても不安な思いをしました。


038865-278x300

今は、問題が解決し、
安心して眠ることができています。

その当時、問題が解決せず、どうしようかと、
悩んで、「防犯カメラ」をドアに、
設置する
のはどうかと、考えました。

しかし、賃貸アパート・マンションのドアにカメラを、
もしくは、その周辺に設置しても良いのでしょうか?
私の経験も交え、ご紹介します。


スポンサードリンク





賃貸に住んでいる際の防犯


まず、賃貸物件に住んでいる場合、
知っておく必要のあることがあります。

わたしのように、自宅のドアなどに、
防犯カメラを、設置したいと思う場合、
大家・管理会社」に許可を求める必要があります!

なぜかというと、ドアの外側、つまり廊下や、
通路は「共用部」です。

この部分は、あなたがしたいことを、
何でもしたい、というわけにはいきません。
許可が必要です。

当然ながら、マンションやアパートには、
自分のほかに、他の住民が住んでいます。

マンション内でも、
プライバシーを気にする人がいます。

ですから、もし勝手に防犯カメラを扉に付けると、
他の住民から苦情がで、管理会社より、
取り除くよう、言われる可能性があります。

防犯のためにできること


ですから、何かマンションやアパートで、
問題が起きている場合、自分一人で解決しようとせず、
管理会社に相談しましょう。

必ず、必要な措置取ってくれますよ!

では、自宅の扉に、防犯カメラを付けてもいいという、
許可を得たなら、どんなカメラが良いでしょうか?

100万円もする防犯カメラもありますが、
手頃で、取り付け簡単な2種類のカメラを紹介します。

071553-300x300

防犯カメラの種類


  1. ドアに取り付けるタイプ

  2. これは、大体2万円以下で購入できます。
    玄関扉の上部にかけるだけで、穴をあけるなど、
    工事不要で、簡単です。

    ある物は、スマホアプリと連携していて、
    ワイヤレスで、訪問者をスマートフォンで確認できます。

    また、扉に人が来ると、
    人感センサーが反応し、ランプが光るなどの機能が、
    ついているものがあります。

  3. ドアスコープタイプ

  4. あなたは知っていましたか?
    玄関ドアについているドアスコープ(のぞき穴)
    簡単に、取り外せることを!

    外から外すのは難しいですが、
    中から、簡単に外すことができます。
    この機器も、1~2万円で購入できます。

    このドアスコープタイプの防犯カメラは、
    覗き穴の部分に、設置するので、
    こちらも工事不要です。

    録画ができる物もあるので、訪問してきた人が、
    誰かを確認したうえで、ドアを開けられますね。
    これで、かなり不安が解消されます!

    ドアの前で動くものがあれば、
    すべて録画してくれるカメラもあります。

まとめ


賃貸の物件に住んでいても、取り付けられる、
防犯カメラ2つを、紹介させてもらいました。

私は、管理会社に確認したうえで、防犯カメラを、
付けることができ、今は安心して暮らせています。

紹介させていただいた、防犯カメラを付けると、
費用が少しかかってしまいますね。

または、被害がそれほどひどくない場合は、
ダミーカメラと「録画中」と書いてあるステッカーも、
防犯に効果がありますよ。

私は、自分にできることをしましたが、
管理会社の方が、必要な処置を取ってくれたので、
感謝しています!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ