スポンサードリンク

防犯するには?ドアの鍵のおすすめはこれ!

昨年の夏、近所に強盗が入りました。
今住んでいるところは、割合古い家が多いのですが、
その中の一軒が、鍵を壊され、空き巣が侵入したようです。

まさか近所でこんな事件が起こるとは…。

こういった事件は、決して他人事ではなく、
誰にでも起こりうる可能性があるのだ、と、
知らしめられました。

その事件があってから、我が家の防犯は大丈夫か!?
と急に心配になりました。

063218-217x300

特に、家の顔である、玄関
もちろん、はついてるけれど…。

うちの家のドア、防犯上、問題ない!?


スポンサードリンク





防犯に強いドアってどんなの?


警視庁が、ドアの防犯対策として、
以下の4点に注目するよう、
呼びかけています。

1. ドア錠
2. 補助錠
3. 丈夫なドア
4. ガードプレート


3.の「丈夫なドア」 は簡単に蹴破られないような、
ある程度強固な材質であること。

4.の「ガードプレート」は、ドアに隙間がある場合、
バール等を差し込んで、鍵が破壊されるのを防ぐため、
取り付けるものです。

気になるのは、1と2。
ドア錠補助錠についてです。

ここで豆知識。「錠」と「鍵」の違いですが、
扉本体についているのが「」、錠を開閉するための、
持ち歩く部品が、「」です。

警視庁は、ピッキングに強いシリンダーにして下さい、
と、言っています。
シリンダーとは、鍵を差し込んで回す部分のことです。

具体的には、どんなものが、ピッキングに強いのでしょうか。


シリンダーキーVS電子錠


現在、主流になっており、ピッキングにも強い、
と言われているのは、ディンプルキー
という、種類の鍵です。

シリンダーキーの一種ですが、
かつて最も普及していたディスクシリンダーに比べ、
格段に複雑な仕組みになっています。

鍵の表面に、深さや大きさの異なるくぼみがついており、
このくぼみの数は、製品によって様々。
くぼみが多ければ多いほど、防犯性が高まります。

一方、徐々に増えてきているのが、
カードキーやタッチキーなどの、電池式の鍵、
いわゆる「電子錠」です。

これは、鍵を持ち歩く必要がなく、指紋認証や、
暗証番号など、限られた人物にのみ、開錠できる、
というものもあり、防犯性も高いと言えます。

しかし、電子錠は、いざという時に使えなくなる危険性も、
はらんでいます。

電子錠には、配線工事の不要な電池錠と、
配線工事が必要な電気錠の2タイプに分かれます。

電池錠はその名の通り、乾電池を用いるので、
電池切れの可能性。

電気錠は、突然の停電などの時に、
施解錠できなくなる可能性があります。

その為、緊急用のシリンダーキーを用意しておくことが、
ほとんどであり、防犯性の高さで言えば、結局、
ディンプルキーとそう変わらない、とも言えます。


043090-300x124


基本はワンドアツーロック


シリンダーキーにしろ電子錠にしろ、
忘れてはいけないことがあります。

それが、「ワンドアツーロック」。

つまり、一つのドアにつき、2つ以上の鍵をつける
ということです。

例え同じタイプの鍵であっても、ピッキング等の、
不正開錠をしようと思えば、鍵が一つだけのドアに比べ、
2倍時間手間がかかります。

その為、鍵が2つついているだけで、
不審者の侵入を敬遠させる効果が期待できる、
と言われています。

現在、鍵が1つしかついていない場合は、
補助錠をつけることを、お薦めします。

ホームセンターなどに行くと、自分でも取り付けられる、
補助錠も多く売られていますので、取り付けに自信があれば
自分で行うのも良いですね。

どうしても、自分で取り付けが難しい場合には
プロの鍵屋さんに、頼むと良いですね。

079174-222x300

我が家の鍵は、ちょっとしたコツが必要です。
そのコツは、家族以外にはなかなか掴めるものではなく、
この事も、防犯面の助けとなっているのかも?

玄関の鍵は、自分で交換した事が有りますので
補助錠も、今度取り付けようと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ