スポンサードリンク

防災に備えて備蓄!非常食の量と種類はどれくらい必要?

9月1日は、防災の日。

皆さんは、もしもの時に備えて、
防災グッズは、準備してますか?

その中に入っている非常食、0585831-238x300 賞味期限切れになってませんか?

地震が頻繁に起こっている今、
いつ大災害が起きてもおかしくない状態です。

いざとなった時に用意しておいた、
非常食が食べられなかったら、
笑い事では、すまされませんよね。

防災の日は、防災グッズの点検の日に
してみましょう。


今回は、非常食にポイントを当てて、
どのくらい用意しておけばいいのかと、
どんなものがあるといいのか
、をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク




どのくらい用意しておけば安心?

災害が起きた時、水道、ガスなどのライフラインが復旧するまで
最低3日はかかると言われています。

なので水と食料品は、3日分は絶対必要で、
1週間程度まで、余裕がある位には、
用意しておくと安心でしょう。

水は、大人1人1日3リットルが目安です。

給水が受けられるようになった時用に、
コンパクトに収納できる、給水タンクも
用意しておきましょう。

非常食はどんなものを用意しておけばいい?

eff9feeae3003a64e9c4f928fa8e8a7f_s-200x300 緊急時には、調理する暇はないので、カロリーが高くすぐに食べられるものと、

ライフラインが復旧した時に、調理しても食べられるものとに分けて、
用意しておきましょう。

同じものを食べ続けていると飽きがくるので、種類を多めに、それと調味料もあると味に変化をつけられます。


〈すぐに食べられるもの〉
  • 乾パン
  • 缶入りのパン
  • 缶詰
  • キャンディ、キャラメル
  • 氷砂糖
  • ビスケット
  • カロリーメイトなどの栄養補助食品
  • 缶入りの野菜ジュース
    (避難生活はビタミン、ミネラル不足になります。
    手軽に摂取できるので、おすすめです)
  • ドライフルーツ
〈調理して食べるもの〉
  • カップラーメン・スープ(容器を用意しなくていい)
  • 袋麺(調理しても、そのままでも食べられる
    チキンラーメンは便利)
  • レトルトのおかゆ
    (こちらもそのままでも食べられます)
  • アルファ化米
    (水やお湯を入れるだけで食べられる米)
  • 野菜やフルーツ缶詰
    (野菜缶詰は、調理に使用すると、味に変化をつけられます)
  • レトルト食品
    (発熱剤入りのものもあると、調理用具なしでも、
    温かいものが食べられます)
  • フリーズドライの野菜
  • 調味料
    (塩、砂糖、はちみつ、コンソメスープの素など)

ローリングストック法で賞味期限切れ対策

保存期間が長いからといって安心して、そのまま置いていると、
賞味期限切れになってしまっていることがあります。

今、世間では、「ローリングストック法」という
ストック方法が提案されています。

ローリングストック法とは、

非常食を定期的にチェックして、
賞味期限が近いものは食べて、食べた分だけ買い足しして、
常に賞味期限が新しくなるようにストックする
、という方法です。

非常食は、普段から食べて味をチェックしておくことを
おすすめします。

というのも、不安やストレスが多い避難生活では、
食べ慣れているものがあると安心するからです。

食べて初めて、味が濃い、薄い、口に合わなかった
ということは、ストレスにつながります

体験してみないと分からないこともあります。

缶詰は、「缶たしレシピ」という、
缶詰を使った簡単な料理方法があるので、

非常食を使った料理方法を知っておくと、
避難生活時に役立つかもしれませんね。

普段の食事に取り入れて
定期的に、非常食で過ごす日をつくって
みるのはいかがでしょうか。

bcb0b1296e44f7a257179d47e1995628_s-300x200
できれば起こってほしくない災害、
何も用意してないよりは、用意しておくと、

精神的な安心につながる保険、にもなるので、
これを機会に、非常食を揃えて備蓄しておきましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ