スポンサードリンク

間取りのカラクリ!畳と平米のカンケイとは!?

18平米の部屋と、10畳の部屋。
さて、どっちが広いでしょう?

こう問われて、即答できる人は、
少ないのではないでしょうか。

部屋を探す時、不動産屋の広告で目にする、
間取りの図面。

706cfb98fedd6c51479ccd7552aca2a9_s-300x200

大抵、リビング10畳、和室が6畳…、
というように、それぞれの部屋の広さが、
書き込まれています。

フローリングが主流になってきて、
和室が全くない家も、多くなっている昨今。

ですが、畳1枚の広さを基準にした単位が、
まだまだ浸透しており、私たち自身もそれが一番、
分かりやすい!と考えているのではないでしょうか。

ですが、このを基準にした単位、
実はすごーく、曖昧なものだってコト、
知ってました?


スポンサードリンク





地域によって違う!?畳のサイズ!


、と聞いて思い浮かべる、長方形の物体。

実際に、縦何センチ、横何センチ、と、
測ったことがある人は、あまりいないのでは。

私自身は、畳1枚のサイズは大人が1人
横になれるくらい…という、あやふや極まりない、
認識しかありませんでした…。

しかし、それもそのはず、実は畳1枚のサイズって、
一定ではないんです。

地域、もしくは用途に合わせて、変わるものなのです。

関西で広く使われる京間、関東地方で使われる江戸間
岐阜や名古屋などの中京地方で使われる中京間
アパートやマンションなどで使われる団地間が、代表的です。

それぞれのサイズは以下の通りです。

京間          6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)
江戸間       5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)
中京間       6尺3寸(182cm×91cm)
団地間       5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)

平米数で、それぞれのサイズを比べてみると、

京間          約1.8平米
中京間       約1.65平米
江戸間       約1.5平米
団地間       約1.4平米

これだけ、差があるのです!

一口に「◯◯畳」と言っても、
広さが同じとは限らない
というワケです。


部屋の広さは平米で確認すべし!


実際、私も経験があります。

友人の家などにお邪魔した時、
「リビング広いね〜何畳あるの?」と聞いたら、
自宅のリビングと、同じだったこと。

前述したように、同じ畳数でも、
基準としている畳のサイズが違えば、
広さは変わってきます

なので、間取りを見る際、
正確な広さを把握したいなら、
注目すべきは畳数ではなく平米数
です!

平米(m2)は、面積を表す単位で、
世界中で通用するものです。
1平米は、縦1m×横1mの面積を表します。

そこで、冒頭に出した、
「18平米と10畳はどっちが広いか」。

18平米は、縦3m横6mか、縦2m横9mか、
形は様々ですが、その面積は、
世界中どこでも共通です。

では、10畳は?

1番大きい京間なら約18平米
1番小さい団地間なら約14平米と、
面積が異なるのです。

その差は約4平米、京間の畳で2枚分ほど!

特に、他府県に引越しする時は、
注意が必要です。

同じ畳数だから、この部屋の荷物、
全部入るよね〜と思っていたのに、
いざ運び込むと、入りきらない…!

こんな悲劇も、起こり得るのです。

035498-122x300

最近では、「」の代わりに、
」という単位が使われるようになってきました。

読み方は同じ「じょう」ですが、
畳でもフローリングでも、どちらにも使いやすい、
汎用性の高い単位です。

地方ごとにバラバラな畳のサイズでは、やはり不便なので、
全国共通の単位が、必要とされたのでしょう。

その広さは、1.62平米もしくは1.65平米
現在、一般的に使われることの多い、中京間の182cm×91cmが、
基準となっているようです。

」、「」、そして「平米」。
これらの単位を、正しく理解していれば、
間取りに騙されることもなくなる…ハズ!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ