スポンサードリンク

警察への電話!緊急じゃない時にかけるのはココ!

以前、交通事故に遭った際、
110番にかけたことがあります。

必ず「事故ですか、救急ですか」と聞かれますが、
事故と救急の違いは、どこにあるんでしょうね。

今まさに、「交通事故に遭った!」という時は、
緊急なので、110番で間違いはないと思うのですが、

生きていると、
緊急ではないが、心配なので相談したい」ことも
出てきます。

phone-499991_640-300x199

近隣住宅の騒音被害不審者を見かけたとか、
覗きに遭ったとか…。

110番!」というほどの、
緊急性はないかもしれないけど、相談したい場合は、
どこに電話をかければいいのでしょうか?

今回は東京都を例に、ご紹介します。

他の地域でも、同じような名前の課が、
設置されていますので、ご参考になさってください。


スポンサードリンク





警視庁総合相談センター

困っていることを警察に相談したい場合。
#9110
(8:30~17:15・平日のみ

総合窓口なので、
ここに相談することにより、
専門窓口を案内してくれます。

この番号は、日本国内であれば全国共通の番号です。
発信した地域の、所轄の警察に繋がります。

注意:
各ダイヤルの利用には、
通信料がかかります。

犯罪被害者ホットライン

03-3597-7830
(8:30~17:15・平日のみ

犯罪の被害に遭い、事件が解決したとしても、
自分や家族の中では、解決できないことがあります。

そんな時に、悩みを打ち明けたり、
相談をする番号です。


ヤング・テレホン・コーナー

03-3580-4970
(8:30~20:00・平日
 8:30~17:00・土・日・祝日、年末年始は除く)

未成年者を対象にした番号のようですが、
思い悩んでいる子ども本人だけでなく、
子どもの身近な家族も、利用できます。

心理系専門の職員もいて、相談者の秘密厳守
対応してくれます。心強いですね。

people-316500_640-300x198

交通相談コーナー

03-3593-0941
(8:30~17:15・平日のみ)

「あそこに信号があるといいのに」とか、
「あそこの歩道は危ない」などの、
相談ができます。

意外と、このような相談を受けて、
道路状況を、見直されることが多いです。


駐車違反の放置違反金等に関する相談

放置駐車対策センター音声案内
03-5500-0110
(音声ガイダンス24時間受付)

いつまでも駐車している、
不審車両に関する相談ができます。

まとめ


このように、受付窓口細分化されていますが、
実際に「相談したい」と思った時に、
意外と、判断が難しいこともあります。

そんな時は、総合窓口の「#9110」にかけるのが
一番、簡単ですね。

私は、「#9110」を携帯にも登録しようと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ