スポンサードリンク

英語の住所の書き方教えて! 町名ってどこに書くの?

手紙っていいですよね。

近頃は、メールで済ませることが多いです。
ちゃっちゃと書いてハイ、送信!
52e5da4a94f7e0a7763491eea7de1337_s1-300x200 手早く簡単に済ませてしまいます。

手紙だったらそうはいかない。

手書きの時は特に訂正するのが大変だから、
よくよく文章を吟味して書きます。

封筒や便せんにもこだわりますよね。

そうそう、今年は中学生の娘がカナダに研修旅行に
行きます。ホームステイなのです。

ステイ先にお手紙書かないと。

ところで英語で住所の書き方は?

英語の住所表記ってどんな風になってるの?


スポンサードリンク






道路の話し


封筒の宛名の書き方を知る前に、
英米の住所について知っておきたいことがあります。

お家やビル、アパートといった建物は、
必ず通り、つまり道路上にあります。

そして通り(道)には必ず名前がついています。
この通りの名前が、日本での町名に相当します。

St.とAve.
見かけますよね。通りの名前をさす言葉です。

Street (ストリート)Avenue (アヴェニュー)

イギリスでは、Avenue(アヴェニュー)は車道と歩道が
備わった、比較的広めの道路です。

それに対しStreet (ストリート)は、そんな区別の無い
狭い道路のこととされます。

アメリカでは特にそういった道路の大きさによる
区別なく通りの名前として呼ばれます。

しかし、都市では東西に走るのがStreet (ストリート)
南北に走るのがAvenue(アヴェニュー)とされることも
あります。

またアメリカではBoulevard (ブルバード)
呼ばれる通り名もありますね。
街路樹などがある大きい通りです。

郊外の住宅地では、
Road (ロード)Drive (ドライブ)が使われることも。

Route (ルート)は幹線道路のことです。

それぞれ、住所表記ではこんな風に略語を使います。
56cfac83ba014cf9403627e1a5d1d562_s-300x199
  • Street → St.

  • Avenue → Ave.

  • Boulevard → Blvd.

  • Road → Rd.

  • Drive → Dr.

他にも

  • Court → Ct. (コート: 通り、英国で使用)

  • Lane → Ln. (レーン: 通り、小道)

  • Place → Pl. (プレイス: 広小路、〜街)

  • Square → Sq. (スクエア: 広場)

  • Way → Way (ウェイ: 通り、小道)

いろいろありますね。

封筒の宛名書き


封筒の宛名書き、日本ではまず
縦書きなら右から、横書きなら上から

宛名(相手の名前)
郵便番号、県名、市または郡名、町名、番地

英語では、逆になります。
上から横書きに

宛名
番地、通りの名前、町名か市名、州名、郵便番号
国名


例えば、アメリカなら

Mr. Harry Potter
1234 Diagon St., Arkham,
MA66666
USA

番地は通りの名前の前です。
Streetなどは略語を使い、単語と単語の間に
「,」 (カンマ)を挟みます。

州の名前も大文字2つの略語を使います。
例は MA=マサチューセッツ

郵便番号はZip code (ジップコード)
Postal Code (ポスタルコード)と呼ばれます。

アメリカは5ケタ。
イギリスは数字とアルファベットを含む7ケタ。
カナダは数字とアルファベットを含む6ケタ。

最後に国名をお忘れなく。


もし、アパートやコンドミニアムのような集合住宅なら
住所の最初に書きます。

部屋番号は建物名の前でも後ろでもよいとされますが、
頭に#(シャープ)を付けます。

#805 Ikkoku Maison (メゾン一刻805号)

日本の住所を英語で書きたい

日本に住む自分の住所を英語にするのが
困りますね。

もし海外から自分宛や日本に手紙や荷物を送るなら、
日本語がいいでしょう。

最後に、JAPANと書けば、
日本の優秀な郵便屋さんが届けてくれます。

海外通販や、日本語が書けない友人には、
どうしたらいいでしょうか。

私の場合、2通りの書き方を使っています。

通販などで住所表記のフォーマットがあれば、
番地、町名、市名、県名、Japanの順番で。

友人に教える時など特に何もない時は、
日本語の順序のままローマ字で書きます。

〒666-6666
Tokyo-to, Chiyoda-ku, Marunouch 1-1-1
Japan

国名は、外国の郵便屋さんが見るので、
外国風に最後に書きます。


日本で配達されることを想定して
なるべくわかりやすいことを心がけています。


おっと肝心のお手紙書かなきゃ。
ところでウチに便せんと封筒ってあったっけ?


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ