スポンサードリンク

睡眠時に快適な温度とは!熱帯夜と冬では温度が違う?

夏は、暑すぎて眠れない、逆に、冬は
寒くて眠れない

そんな事って、ありますよね?

020957-300x300
皆さんは、そんな時、どうしてますか?
冷房や、暖房をつけて寝ると、身体に良くない、
と考える方も、いるかもしれません。

でも、実は、季節によって、
快適に眠れる温度が、あるんです。

例えば、今は、熱帯夜が続き、寝苦しくて、
なかなか寝付けない季節ですね。

日本の夏は、湿度がかなり高いので、
その分、余計に暑く感じてしまいます。

暑いのを我慢して寝ようとすると、
なかなか眠れませんし、熱中症にも
なりかねません。

そこで今回は、夏、冬、ともに快適に眠るための
温度について、ご紹介します。


スポンサードリンク





夏に熟睡するための温度


一般的に、快眠しやすい温度は、
夏で25〜27度、冬で16〜20度、
湿度は1年を通して、50〜60%と言われています。


布団の中は、季節に関係なく、33度前後
最適な環境になります。

でも、夏は、あまりお布団をかぶって寝ませんし、
温度の調節も難しいですよね。

そこで、エアコンや、除湿器等で、
快適な温度、湿度を作りましょう。

湿度が高いと、余計に寝苦しく感じますので、
除湿をするだけでも、眠りやすくなります。

その際、室内温度は、28度位が最適です。

除湿機を使わない場合でも、クーラーの
温度設定は、低くしすぎず、25〜27度にし、
寝る前から、室内を、快適な温度にしておきましょう。

直接クーラーや、扇風機の風にあたり続けると、
身体が冷え、体調を崩したり熟睡しにくくなります。

タイマーを1〜2時間くらいの設定で、
切れるようにしておくと、良いでしょう。

冬に熟睡温する快適温度


冬は、お布団に入っても、足の先まで暖かく
なるまで、時間がかかりますよね。

冬に快眠しやすい温度は、16〜20度です。

暖房をつけたまま寝るのは、体調を崩す原因にも
なるので、寝る前に、暖房で部屋を暖めておいて、
寝る時に、切りましょう

冬は、夏とは逆に、乾燥していますので、
除湿器で、室内の湿度を、50〜60%
保つようにしてください。

特に、暖房をつけたまま寝るなら、除湿器を
使わないと、部屋が乾燥し、風邪をひきやすく
なるので、注意して下さいね。

その他にもできる!快眠のアイデア


冷房、暖房以外にも、快適に眠れる方法
ないのでしょうか?

最近は、テレビインターネットなどで、
快眠のための、アイテム・アイデアが
たくさん紹介されていますよね。

その中で、私が1番効果を実感したのが、
ぬるめのお風呂に浸かって、身体を温める
という事です。

人は眠りにつく時に、身体が代謝量を
おさえようとして、体温が下がります
そして、自然に眠たくなるんです。

眠る1〜2時間前に、ぬるめのお湯に、
ゆっくり浸かり、身体を温めましょう。
そうする事で、すっきり眠る事ができます。

その他、夏なら、吸水性発散性の良いシーツを使ったり、
冷感パッドやマット、保冷剤を、脇に挟んだり、
色々な工夫があります。

冬は、湯たんぽがおすすめです。

自分に合った、快眠方法を見つけたいですね。

室内の温度を快適にし、寝る前に、水分を取るのも、
忘れないでくださいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ