スポンサードリンク

服のコーディネートで迷ったらこれ!合わせる色のルール

今日はこのパンツにしよう!と決めたものの、
一体これに合う色って何だろう…
と悩んだ事はありませんか?

洋服屋さんで、可愛いスカートを見つけたけど、
スカートにあう、ブラウスや靴がない!
なんてこと、私にもよくあります。

色の組み合わせって、なかなか難しいですよね。

そんなセンスないよ!というあなた。

実は、ちょっとしたコツを覚えれば、
きちんと、まとまったコーディネート
できるようになるんです。

今回は、そんなおしゃれ初心者のあなたにでも、
簡単にできるコツをご紹介します。


スポンサードリンク






配色の割合を考える


60−30−10ルールという、
インテリアや、ファッションデザイナーなどが
使っている、色の配色方法があります。

これは、6割ベースの色

3割は、ベースを引き立てる色、
残りの1割を、
アクセントカラーにする、という方法です。

例えば、ベースが黒いジャケットとパンツの場合。

中のシャツを白やグレイ、靴やスカーフなどに
アクセントカラーを取り入れると、
全体が引き締まって見えます。


082247-213x300

トーン(色調)を合わせる


色調を統一すると、全体がまとまって見えます。
同系色の濃い色と、薄い色での組み合わせです。

トーンを揃えないと、全体にまとまりがなく、
バラバラに見えたりしますよね。


colored-pencils-179170_640-300x199

季節によって色を考える


服の色を選ぶ時は、その季節に合った、
色を選ぶ事もポイントです。

例えば、グレーや、ブラウンなどの
色の濃い組み合わせは、真夏だと、
暑苦しいし、重たく感じますよね。

濃い色を着てはいけないのではなく、
濃い色を取り入れるなら、明るい色
組み合わせたりしてみましょう。


柄物を合わせるには


柄物をあわせるのは、難しそうなイメージ
ありますよね。

無地のトップスと、柄のスカートを合わせるなら、
柄の中に入っている1色を選んで、トップスの
色を決めます。

そうすると、全体にまとまって見えるんです。

柄同士を合わせる場合には、
柄の大きさが違うものにしましょう。

柄同士の組み合わせは、センスも必要だと
思いますので、オシャレ通になってから
挑戦してみた方が良いかもしれません。

080590-211x300
スマートフォンのアプリで、
ファッションコーディネートに関するものが
たくさんあります。

お店のスタッフさんのコーディネート
見れるアプリや、おすすめコーデを教えてくれる
ものまで、たくさんあります。

以下のサイトでアプリを
紹介しています。

http://app-liv.jp/beauty/fashion/0065/
http://sp.oshiete.goo.ne.jp/app/list/free/woman/fashion

服のコーディネートは、たくさんの組み合わせを
試しているうちに、自然と自分の色や、組み合わせ
分かってくると思います。

最初は難しいかもしれませんが、
色んな組み合わせを挑戦してみて下さい。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ