スポンサードリンク

悲しいのに涙が出ないのは何故?自分を労ってあげて!


恐らく、この記事を検索した方は、
とても悲しい事があって、深く深く傷付いて、
今は、涙もでない程なのでは、ないでしょうか?

cb6a506d57a75369f32ef80c5db63d79_s-199x300
悲しくて、泣きじゃくってしまうのも、辛い事ですが、
涙もからからに、渇いてしまうのも、とても辛いですね。

悲しい事にも、辛い事にも、
どちらが上や下と言う事は、ありません。

しかし、涙も出ない精神状態とは、どういう事なのか、
少し、自分を労りながら、見つめてあげましょう。


スポンサードリンク





涙も出ない精神状態とは?


とても悲しい事があって、
こんなに、悲しくてたまらないのに、何故か、
涙が出ない。

そんな精神状態になる人には、共通の事があります。

それは、悲しみや、ショックが大き過ぎてしまって、
呆然としてしまったり、現実味がなかったり。

心が空白になってしまうとも、言われますし、
精神的に停滞状態になってしまうとも、言われます。

悲しみに捕われたり、落ち込んでしまうのを通り越して、
ただただ、呆然としてしまう状態です。

そしてこれは、
経験した事のある人にしか、
わからないかも、しれません。


悲し過ぎて涙が止まる事もある?


では次に、悲し過ぎて、涙が止まってしまうと言う事は、
実際に起こりうるのか。

これは、証明されているわけでも、
原因が解明されている訳でも、ありません。

しかし、本当に悲しい時に、涙が出ない経験をした人は、
多いようです。

大切な人を亡くした時、
自分の身に、大変な事が起こった時、

それ以外にも、悲しい出来事の積み重ねによって、
涙が出なくなってしまう事も、あります。
涙を流す機能が、壊れてしまいます。

そして、涙もでない程の、悲しみを感じている人が、
最後に行き着く所は、

『泣きたい』と、いうことです。



泣きたい時にどうしたら?

069962-300x229

『こんなに悲しいのに、どうして涙が出ないのだろう』
『早く泣いて、少しでも楽になりたい』

『こんなに悲しいのに、泣けないのは、
 本当に悲しんでいる訳では、ないということ?』




悲しいのに涙が出ない時、
こう感じたりは、しませんか?

涙は、未だ解明されていない、情動によるもの。
涙が出ない理由に、悲しみが足りないから、という事は
絶対にありません。

しかし、涙が出ないと、悲しみを洗い流す事が出来ず、
泣くよりも余程辛い、と感じる事もあります。
そんな時は、どうするか。

まず、自分を責めないで下さい。



『どうして、こうなったんだろう』
『もっと他に、出来る事はなかったのか』
『あの時、あんな事をしたから……』




そんな風に、考え過ぎてしまうかも、しれませんが、
自分のしたい様に、自然にしていて下さい。



  • 部屋でゆっくりしたり、お風呂にはいってみたり
  • 親しい友人と、電話をしてみたり
  • 食べたいと思えるものを、口にしてみたり


少し時間を置いて、
たくさんの悲しみに、悔しさや寂しさも織り交ぜて、
感じられる頃に、

きっと、が流れてきます。



さいごに


涙が流れて来て、心が正常な動きを取り戻して、
いつか笑える日がくると、いいですね。

しかし、悲しみに捕われてしまうと、
いつか元気になる自分さえ、想像できず、

元気になりたいと、思う気力さえ、
奪われてしまう事もあります。

そんな時には、
自分以外の誰かに、助けを求めてみるのも、
いいかもしれません。

近しい家族や、友人などを頼れない場合は、
相談窓口に、電話をしてみてくださいね。



・よりそいホットライン
 (http://279338.jp/)
  0120-279-338


・全国のいのちの電話
 http://www.find-j.jp/zenkoku.html
 (各自治体の番号があります)



悲しみを抱えるあなたの心が、少しでも癒えることを、
願っています。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

3 Responses to “悲しいのに涙が出ないのは何故?自分を労ってあげて!”

  1. りいすけ より:

    ずっと涙が出なくてくるしくて検索したら

    ここのサイトを見つけました

    自分を責めないでください。というのを見た瞬間に
    涙が出てきました。

    知らない間にいつも自分を責めていたのかもしれません

    気づけてよかったです
    ありがとうございました。

  2. かこ より:

    昨年の2月に娘が急逝し、ずっと涙が出ない日が続いて苦しんでいました。
    そんな時、こちらの記事を見つけて大変救われました。
    自分を責めることを少しずつ手放していった時、ようやく自然に涙が溢れてきました。そしてそれは悲しい苦しい辛い悔しいという涙ではなく、ただただ「ありがとう!」っていう娘に対する感謝の涙でした。

    こちらの記事に、大変励まされ救っていただいたお礼を申し上げたくコメントさせていただきました。
    ありがとうございます!

  3. しゅうた より:

    愛する人との突然の別れ。
    何もかも理解できていません。
    不信になります。
    ただ真っ直ぐ夢に向かっていきたいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ