スポンサードリンク

弓道の道具!初心者に必要なのは?

この年にして、弓道、始めました。

まるで、夏期冷やし中華
冬期鍋焼きうどんのようですが。

きっかけは、
昔、読んでいたマンガの主人公に憧れて!
という、実によくある動機です。

arrows-462557_640-300x168

凛として、実にかっこよかったので、
少しでもその雰囲気に近づきたい!という感じです。

さて、始めて分かりましたが、弓道は、

基本の礼儀作法も、身に付くし、
普段使わない筋肉(インナーマッスル?)も使うので、
意外なほどに、心身ともに鍛えられます

勝手におすすめしたいので、
初心者最初のハードルである、
道具について、簡単にお知らせします!


スポンサードリンク





必須道具は?

  •  40,000円前後
  •  6本組で15,000円前後
  • 矢筒 3,500円前後
     矢の入れ物。
  • ゆがけ 15,000~20,000円前後
     弓を持つ右手の、保護グローブ。

全部を買うとして、
70,000~75,000円前後ですね。

なお、必須道具の中には、既に備品となっていて、
購入する必要が、無い物もあります。

archer-35508_640-150x150

消耗品は?

  •  350~2,000円前後
     材質によって値段が変わります。
     化繊は安価麻の弦高価です。

  • 握り革 一枚350~600円前後
     弓を握る個所に、巻きつける革。
     持ち手滑り止め

  • ギリ粉 100~300円前後
     ゆがけの、親指部分につけて、
     滑り止めにするための

  • 弦巻(つるまき) 600~3,000円前後
    予備の弦を、持ち歩くためのケース
    これも弦と同じで、材質によって値段が変わります。

    プラスチックの安価なものから、
    和紙製なら、1,500円前後、
    籐製品だと1,500~3,000円前後です。

    これは、お好みです。
    プラスチック製も、意外に、
    かわいらしい色合いが多いです。

これも一式買うと…1,400~5,900円前後ですね。

bulls-eye-297805_640-150x150

弓道着は?

  • 上衣 2,500円前後
  •  6,000円前後
  •  1,500~3,000円前後
  • 足袋 1,000円前後
  • 胸当て 1,000円前後
     女子のみ。弦から胸を守る。

通常は、上衣、袴、帯、足袋
4点セットになります。

女子が一式揃えると…
10,500~12,000円前後ですね。

けっこう汗をかくので、足袋や上衣は、
替えがあると、良いですね。

この弓道着を、ぴっちり着こなすことができれば、
一人前な気がします。

まとめ


学校の部活や、各種スクールによっては、
最初からある程度、
道具が、用意されている場合があります。

また、学校での、部活動の場合は、
道着の購入は、必須となります。

社会人でのスクールの場合は、道着ではなく、
ジャージなどの、動きやすい服装で、
構わない場合もあります。

どちらも、学校や各種スクールに、
確認してみると、良いですね♪

ちなみに、私が習っていたスクールは、
大会に出るような、本格的なものではなかったため、
道着ではなく、ジャージで活動してました。

ジャージでも、礼儀は身に付きますよ!
心の持ちようですね。

しかしながら、弓道は、
自分が飛ばす矢で、顔を切ることもあります。

「顔は命!」の場合は、熟考をオススメします。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ