スポンサードリンク

坪単価の計算から何がわかるの? 正しい知識を知ろう!

そろそろ、夢のマイホームが欲しいです!

ハウジングメーカーの広告を見るたび、
家の間取りを想像しては、一人でうっとり。

beautiful-home-interior-picture-material_38-6254-300x224

広告を見ていると、同じ坪数なんだけど、
価格が違うことに気付きます。

そもそも、坪単価って何?

一坪当たりの単価、ってことはわかるけど、
何の単価なの?

ちゃんと、ココを押さえておかないと、
いけない気がする・・・。

一生もののマイホームだから、
情報は余すことなく理解しておきたい!

これからのために、しっかり調べてみました!


スポンサードリンク




坪単価とは?


坪単価とは、その建物の建築費用が1坪当たり
いくらかかったかを、表したものです。

まずは、坪単価を説明する上で、キーワード
いくつかあります。

  • 1坪
    1坪とは、約3.3㎡畳2枚分の広さです。

  • 本体価格
    誰がどこで建築しても、基本的に変動しない
    建物そのものだけの価格。

    水道・電気、空調設備、庭・ガレージなどの
    工事は含まれていません。

  • 延床面積
    建物の各階の床の面積を合計したもの。

    バルコニーやポーチなど、で囲まれていない
    部分は含みません。

green-colored-pencil_19-106408-300x224

坪単価は、以下の計算式で求める事ができます。

建物の本体価格÷延床面積=坪単価

例えば、
延床面積が60坪の建物の本体価格は、3,000万円
この坪単価は?

3,000万円÷60坪=50万円
この場合の坪単価は、50万円になりますね。

単純に、坪単価のみを参考にしていいものか、
坪単価の本当のところとは?

坪単価の落とし穴


ハウジングメーカーの広告に表示されている
坪単価は、各社の示す本体価格と延床面積から、
割り出されています。

坪単価を表示する事により、各メーカーでの
建物だけを建築した場合にかかる、建築費を
知る目安になりますね。

例えば、広告には、60坪の家が3,000万円
坪単価が50万円、とあるとしましょう。

延床面積50坪の家を建てるつもりでいるなら、
単純に50坪×50万円=2,500万円かかる。

そう考える目安になるはずなんですが・・・

実際には、広告に掲載された家の建築資材・
間取り・設備
など、それに加えて、地域など、

以上のような条件が、広告と全く同じならば、
坪単価50万円を参考にできるでしょう。

しかし、自分達が長く住むマイホーム。
自分達なりのプランだって考えていますよね。

実際に建てた家の坪単価を計算してみると、
広告の坪単価よりもかったり、かったり。

では、坪単価を有効に活用するには?

別途工事費を想定しよう!


坪単価は、建物だけにかかる本体価格を基に
計算されています。

本体価格には、水道の引き込み・空調設備費・
ガレージなどの諸々の工事費が含まれません。

坪単価に含まれていない、別途工事費は、
本体価格に上乗せされます。

大体の目安は、坪単価×延床面積×1.2~1.3
つまり、別途工事費が本体価格の2~3割増し、
と考えておきましょう。

60坪の家が3,000万円、坪単価50万円ならば、
50万円×60坪×1.2~1.3=3,600~3,900万円

別途工事費で、600~900万円かかることを
想定する目安になりますね。

別途工事費の目安を算出するには、坪単価は
とても参考になりますね♪

坪単価の特徴


延床面積は同じ数字なのに、本体価格や
坪単価が違うことがあります。

坪単価は、家のデザインや形によって、
大きく左右されます。

単純な箱型の家と、凹凸の多い形の家を
比べると、後者の方が外壁の面積
大きくなります。

すると、外壁にかかる材料費が上乗せされ、
本体価格と坪単価の数字も上がりますね。

d-buildings-and-the-floor-plan_38-4393-300x300

では、設備などにかけるグレードが同じで、
延床面積が小さければ、坪単価も下がるのか?

残念ながら、坪単価は下がりません
坪単価は、延べ床面積にあまり左右されません。

なぜなら、バス・トイレ・キッチンなどの
設備が、減るわけではない、理由からです。

そうなると、本体価格÷延床面積ですから、
計算上、坪単価は高くなりますね。

まとめ


では、結局のところ、坪単価って?
あれだけ広告に表示されているのに・・・。

私、広告を眺めては、この予算でこんな間取り♪
なんて、想像してましたけど、これって
妄想になっちゃう?!

坪単価を、私達が勝手に都合よく解釈してる
ってことなのかしら。

もっと賢く、広告の坪単価を活用したいです!
坪単価をこう考えると、うんと参考になるはず!

  • 家を建てる時にかかる、初期工事費の目安。

  • 坪単価を基に、別途工事費などの目安を
    推定するための手段。


広告の坪単価だけに惑わされないよう、
じっくりと考えて、マイホームを検討して
いかないと!

ウキウキしてばっかりじゃいられませんね。
坪単価の知識を武器にします♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ