スポンサードリンク

切り花を長持ちさせる方法!長く楽しみたいですよね?

綺麗な花を買ってきて、飾るのは良いのですが
何日か経つと、枯れてしまいます。
105045
自然の摂理として、仕方の無い事ですが出来れば、一日でも長く楽しみたいですよね。

そんな事を思ってたら、近所に住むお花の先生から、良い話を聞きました。

状態にもよりますが、良いコンディションなら通常の2倍は、花を長く楽しむ事が出来るらしいです。

内容は、ちょっとした、一手間を掛けるだけ!

実験してみましたが、ほんと、長く楽しむ事が出来ます
平均すると、1.5倍は長く楽しむ事が出来ました。

その方法を、今日はご紹介しますね。
子供でも簡単に出来ますので、チャレンジしてみてください!


スポンサードリンク





手順の概要

誤解の無いように、最初に言っておきますが
手軽にできて、お金を掛けない方法です。

手軽に、お金を掛けない方法の概要を、ご紹介しますね。
それぞれについては、後で詳しくご紹介します。

その方法とは以下の通り!


  1. 花瓶の水は毎日変える
  2. 花瓶の水位は3cm位
  3. 毎日花瓶は洗う
  4. 毎日切り口を新しくする


それぞれについて、詳しく見て行きましょう。

花瓶の水は毎日変える

冬場は毎日行わなくても良いですが、基本的には
毎日水を変えます。

その理由は、水の中の雑菌が繁殖しない様に
する為です。

水の中に、何かを入れる事が、良いと良く聞きますが
何かを入れるにしても、水は変える方が良いようです。

延命剤を入れるにしても、入れただけで
水を変えないより、変えた方が良いようです

水位は3CM位

茎の部分の切断面が隠れるくらいです。

葉の部分が隠れてしまうと、その部分が
傷んでしまって、早く枯れてしまいます

ですので、葉の部分が浸ってしまう場合には
その部分の葉を、切っておきます。


毎日花瓶は洗う

これは、水の中の雑菌等の繁殖を
極力抑える為に行います。

水だけ変えても、花瓶の中に雑菌が繁殖していれば
何の意味もないですからね!

夏などは特に、ぬめりなどを念入りに
洗って落としておきます。

オススメは、花瓶を2つ用意して
交互に使う事です。

花瓶を洗う時には、次の花瓶に移し替えると
綺麗に洗う事が出来ます。

毎日切り口を新しくする

切り口から傷んできますので、毎日
少しづつ切ると、良いですね。

水の上りも良くなります。

切る時に、茎の部分がぬめっている場合には
そのぬめりを、取り除くと良いですね。

また、切る場合には、よく切れる刃物で
切るのが良いです。

その他にする事?

以上の方法で、切り花は長く楽しむ事が出来ます。
ただ、もう少し手を掛けてやると
もっと花を綺麗に楽しむ事が出来ます。

その方法とは
「小さなツボミや、葉っぱは取る」
という事です。

葉っぱを取るのは、全ての葉っぱではないです。
最低限の葉っぱは残しておきます

理由は、栄養分や水分を、余計に使わない為です。
ツボミは、花を咲かせようと良いようが必要になります。

また、多くの葉っぱがあると、余計に水分を
蒸発させる事となります。

根っこから、必要な水分や栄養を、
吸収する事が出来なくなっています

できるだけ、水分も栄養も使わない様にするのが
長持ちの秘訣になります。

終りに

季節によっても、花を楽しめる期間は
変わってきます。

でも、綺麗な花を見ていると
気分も良い物です。

ちょっとした手間ですので、花を飾る時には
是非試してみてください。

因みに、私のお気に入りの花はバラです。
赤いバラも良いですが、オレンジ色のバラも
なかなか良い感じですよ!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ