スポンサードリンク

中国と台湾!違いって何?

中国は、とても身近な国ですよね。
台湾は、観光地として、日本で大人気!

ところでこの二つの国って、どういう関係か
ちゃんとご存知ですか??

中国は国だけど、台湾って国なの?
台湾って、中国の一部??
そんな声をよく聞きます。

そこで今日は、この二国にスポットライトを当てて、
一体どんな関係なのか、台湾は一つの国なのか、
一緒に勉強していきましょう!



台湾の成り立ちについて


まず、台湾と言う国の、成り立ちについて、
一度確認する前に、
中国について、簡単に、おさらいします。


スポンサードリンク





中国は、正式名称『中華人民共和国』
お隣の、日本とも関係の深い国ですね。

歴史の授業で習いますが、その前身は、
中華民国、さらにその前は、と言う国でした。



では、『台湾』という国は、一体いつ頃、
どこから、出て来たものでしょうか?

1911年、中国では辛亥革命が起き、
当時の国であるが、滅びました。

清の後の国は、上記に書いた通り、
『中華民国』です。

中華民国は、成立したものの、
『共産党』『国民党』という、
二つの政権で、対立しました。

そして、激しい内乱の末、勝ったのが、共産党
この共産党が、今の『中華人民共和国』を、
作りました。

では、負けた『国民党』は、どうなったでしょう?

この国民党こそが、元々先住民を支配していた、
台湾の地に逃げて、臨時政権を開いたんです!

このため、今の『中国』『台湾』という、
ややこしい状態に、なってしまっているんですね。

ですので、台湾を国として呼ぶなら、『中華民国』に、
なるんです!



☆聞いた事ある!?孫文と毛沢東と蒋介石!

この3つの人名、絶対聞いた事ありますよね。

でも、歴史の授業で必ず習いますが、
何をした人だったか、忘れちゃった!
という人も、多いのでは?

3人とも、この時代に関係の深い人物なんです。

孫文は、清を倒して、中華民国を建てた人。
毛沢東は、中国共産党の代表で、
蒋介石は、台湾に行った国民党の代表ですよ!



台湾は国なのか?


私は上記で『台湾で臨時政権』と、書きました。

こう書いたのには、理由があって、
『台湾』を一つの国と、認めない国が、
いくつもあります。

日本もそのうちの一つで、日本は外交のある、
中国に配慮して、台湾を一つの国とは、
認めていません

また、国連加入も、認められていないんです。

しかしそれでも、
23カ国中国と国交のない国を、中心に、
台湾を国家認めています!

そこそこ、知名度のある国なら、
バチカン市国や、パラオ、ホンジュラス、
ドミニカ共和国、パラグアイ、などですね。

台湾自体は、自国は別の国家という意識があるので、
国旗も違うんですよ。


china-160480_640-300x200
中国の国旗と…

flag-31015_640-300x200
台湾の国旗!

中国と台湾の違い


それでは、中国と台湾の、成り立ちの違いが、
わかった所で、
私達が、実際に感じる中国と台湾の違いです。



1、漢字が違う!
中国で使われている漢字は、簡体字
台湾で使われている漢字は、繁体字

たとえば、

はじめまして
初次见面 (簡体字)
初次見面 (繁体字)

名前はなんですか?
你叫什么名字?(簡体字)
你叫什麼名字?(繁体字)

こんな風に、違うんです!




2、通貨が違う!
台湾を、国家として承認している国も、
あるくらいなので、内情はほぼ別の国と言って、
いい状態です。

なので、通貨も全く違います。

中国は『元』、台湾は『台湾ドル』が、
使われていますよ。

ちなみに、10/22の時点で、
1元    = 17.48円
1台湾ドル =  3.52円 です!




3、台湾は中国と言われる事が嫌い!
台湾人には、台湾は中国の一部ではなく、
台湾は台湾、という強い気持ちがあります。

昔、会社の同僚に、台湾人がいましたが、その子も、
自分と中国人を一緒にされる事を、とっっっても、
嫌がっていました!!

また、日本は台湾を台湾と呼ぶ事が、多いので、
その事についても、喜んでいたのが、印象深い!

他の国は、台湾を、『チャイニーズタイペイ』と、
呼ぶ事が、多いのだとか。

なるほど、確かにそれでは、台湾と言うよりも、
中国の内の一部という感じが、嫌ですよね。




4、台湾の方が親日な人が多い!
台湾には
親日な方が多いって、知っていましたか?

台湾の先住民は、清の時代から、中国に支配され、
劣悪な環境の中に居ました。

その後、日清戦争で勝った日本が、
台湾を統治していた時代があり、その頃に、
台湾の就学率や産業を、発展させたのです。

その頃から、親日の意識が根付いていて、
日本を好意的に思ってくれる方が、多いのです!

東日本大震災の時にも、多額の寄付を頂きましたね。
ありがたいことです。





以上が、簡単にまとめてみた、中国と台湾の、
違い
です!

こうして見ると、もはや、別の国!

私も台湾は台湾中国は中国と思うので、
日本が国家として、承認していなくても、
別の国と、思っています!

台湾は、観光も楽しいし、
美味しいものも、沢山あるし、

一泊二日の弾丸ツアーでも、行けてしまうので、
ちょくちょく遊びに行きたいですね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

3 Responses to “中国と台湾!違いって何?”

  1. 匿名 より:

    仕事で台湾に行くので調べていたらこのHPを拝見しました。
    大変参考になりました。ありがとうございました。

  2. tm より:

    凄く参考になりました。
    多くの人がこの疑問を持っていると思います。
    グレーな部分をグレーなままで理解するより、解り合っての付き合いをしていくほうがお互いにとっていいですもんね。

  3. こう より:

    とても勉強になりました。
    台湾は国と思って接していきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ