スポンサードリンク

一人暮らしの物件選びで注意すべき点とは?

就職や進学などで、実家から離れ、
一人暮らしを、始める人、
楽しみでもあり、不安でもありますよね。(・・;)

一人暮らしを始める上で、重要なのは、
自分が、これから暮らしていく、
物件選びでは、ないでしょうか?

mansyon1-300x225


ここでは、私が経験して、一人暮らしの物件選びで、
特に注意しなければ、いけない点を、
あなただけに、こっそり、教えてあげますね!

是非、物件を探す時には、頭に叩き込んで
不動産屋さんを、巡ってみてくださいね!


スポンサードリンク




一人暮らしの物件選び!注意すべき点は?

一人暮らし、の物件選びで、
注意すべき点は、以下の通りです。(^^)

・5階以上の、物件を探す。

1人暮らしをする場合に、おすすめなのは、
5階以上の、物件です。

5階以上の物件だと、空き巣が入りにくいという、
メリットが、ありますが、

近隣の住宅の、屋根より高い位置にあることで、
風通しがよく、夏、過ごしやすくなるという
メリットも、あります。

しかし、冬が少し寒くなるというデメリットもあります。
ですが、5階以上だとハエや蚊などの虫が、
やってこなくなるという、メリットがあります。

虫が苦手な方は、5階以上の物件はおすすめです!

・いろいろな不動産屋さんを巡り、物件は2件以上回る。

全国的に有名な、不動産会社であっても、
担当地区や、ノルマの関係で、

別の地区の、物件は、
紹介してもらえなかったりする、場合があります

ですから、同じ不動産会社であっても、
店を変えたうえ、物件は2件以上
紹介して、もらうようにしましょう。

あと、担当者によっては、親身になって対応してくれる
場合もあれば、ドライな場合もありますので、

これから長い間、お世話になるのですから、
物件選びも重要ですが、対応してくれる担当者
良し悪しも注意して、物件選びをしましょう。

・同じ物件を、昼と夜に見せてもらう。

住宅環境は、昼は閑静でも、夜は車の音や、
近隣のお店の音など、でうるさかったり、

隣の住人の出す音が、気になるくらい、
遮音性が良くない、部屋であったりと、
昼と夜とで、全然違う場合があります。

住んでみてから、この点に気づく…というのでは、
遅いので、気に入った物件に住む前には、
お昼だけでなく、夜にも物件を見せてもらうようにしましょう。

何度も訪れることを、不動産屋さんの担当者が、
躊躇するようでしたら、その物件は、
やめておいたほうが、無難ですね。

・物件の遮音性を、確認する。

気に入った物件の、遮音性は、
絶対に、確認して置かなくてはいけません。

日中はともかく、夜、
音が響いてくると、困りますからね。(><)

気に入った物件の、隣が空き部屋であったら、
不動産屋さんに頼んで、隣から音を出してもらい、
どれくらい響くのか、チェックするのもいいですね。

気に入った物件の、両隣があいていない場合には、
窓を閉め切り、手をたたいてみます。

部屋の中に、反響音が響く程度なら、
壁に厚みがあり、遮音性が高い部屋であるといえます。

・日当たりや、ドアや窓などの立てつけをチェックする。

日当たりが良くないと、室内にカビが生えたり、
じめじめして、健康にも良くないですし、

室内干しした場合、乾きにくかったりします。(><)
この点には、特に注意しないといけないですね!

あと、ベランダの日当たりが良くないと、
洗濯物や、布団を干したりするのに不便です!

ドアや窓の立てつけも、入居する前に、
しっかりとチェックしておかなくては、

入居してから、上手く開け閉めできないことに、
気づいた!では遅いですからね。

・玄関のカギを新しくしてもらえるかどうか

セキュリティー上の、点からも、
新しく入居する物件の、カギを新しくしてもらうのは

必須事項ですね。万が一前のカギを持っている方が
いらっしゃったら大変ですからね!

・物件からの通勤、通学路が安全であるかどうか

物件自体も、もちろん重要ですが、
物件からの通勤、通学路が明るく見通しが良く

人通りがあるという点も、一人暮らしの、
物件を選ぶうえで、重要です!

このほかにも、注意しておくと良い点は、
  • 室内が、きれいであること。
  • 洗濯機を、室内に置けること。
  • 3階より上の階の物件の場合、エレベーターが、
    設置されて、いること。
  • 収納が、たくさんあること。
  • お風呂とトイレが、別々であること。
などがあります。

あと、実際に物件に住んだ場合に、
騒音などの、問題が発生したら、

直接訴えず、管理事務所
相談するように、しましょう。(^^)
 

mansyon2-300x256

女性の一人暮らしの物件選び!注意すべき点は?

女性の一人暮らしは、危険がいっぱいです!
なので、男性が一人暮らしをするときよりも、
物件選びにおいては、注意しなければなりません。

女性が一人暮らしをする場合、物件選びで、
注意すべき点は、以下の通りです。

・セキュリティーが万全かどうかチェックする

最近では、女性の一人暮らし用の、
セキュリティーが万全の物件が増加してきています。

この物件の、メリットは、
  • オートロック、防犯カメラ、二重施錠、管理人常駐など
    セキュリティーが、万全である点。
  • 家族や知り合いの男性でも、立ち入りが制限されている点。
  • 女性向けの、きれいなデザインの物件が多い点。
があげられます。

しかし、そのような物件は、件数も少なく、家賃も割高です。

けれど、女性が一人暮らしする場合は、
そのような、セキュリティーが万全な
物件に、入居することをおすすめします。

このような女性専用の物件が無い場合は、
  • 2階以上の、部屋。
  • 防犯カメラが、設置されている。
  • オートロックが、ある。
  • 訪問者が、ドアを開けなくてもわかる、ドアフォンが設置されている。
  • 駐車場に夜間照明、防犯カメラなどが設置されている。
などセキュリティーが万全な物件を選びましょう。

おわりに

1人暮らしの物件選び、で注意しなければいけない点は、
セキュリティーや、遮音、周りの環境などいろいろあります。

自分でこれらの点を吟味しながら、なるべく時間をかけて、
1人暮らし向けの良い物件を、選んでくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ