スポンサードリンク

ビブラートは喉を痛めるってホント?簡単な練習法はない?

ビブラートといえばカラオケの
採点モードでおなじみの存在ですね。


083377-300x268

あれのあるなしでかなり得点が違うので
なんでじゃー!?」と思われた方も
多いのでは?

ビブラートの上手な人は本当にびっくりする
くらい、が上手であこがれてしまいます。

私の友人にそういう部類の人が
いますが、彼女はもともとの声量
あってか、声の振動がすごいです。

そんな友人に自分も歌うまくなりたい
相談してみたところ、苦笑しながら
「ちゃんと練習せんとやっちゃうよ」と一言。

どうやら友人も最初はろくろく練習せず
ビブラート多めの歌や高音の歌を歌って
自己流練習で喉を痛めたのだそうです。

ただ、ビブラート自体は別に喉を痛める
ものではないと言うので「」でした。

その謎と秘訣は練習の方法にあるのだとか。

そこで、今回はビブラート練習で
喉を痛めないコツについて

学んでいきたいと思います。


スポンサードリンク





今さらだけどビブラートってなに?


これは簡潔に言うと音を伸ばす時
その音の見かけの音高を保ちながら
音の高さを揺らすことを言います。

歌っている時などに声が微妙に振動して
「あぁあぁあぁあぁ」みたいな感じ
なることありませんか?

ただ伸ばす「あー」じゃなくて
ぶるぶる~っと揺れる感じ。

それがビブラートです。

ビブラートは喉を痛めるの?


この時のビブラートというのは
喉ビブラートのことをさします。

これは変な練習方法で喉を痛めた人たちの
感想というか、偏見でしょうかね。

心当たりのある方はカラオケに何時間も
費やしたり、無理に高音を出そうとして
喉を酷使していたのではありませんか?


211045-300x300
プロのボーカリストたちも
ビブラートをする人はたくさんいます。

T.M.Revolutionの西川さんは喉で
ビブラートをかけているように感じますが
喉がどうのといったうわさは聞きません。

練習のやりすぎとか、カラオケオールとかは
たしかに喉には負担ですが、ビブラート
そのものは、悪いことはありません。

ほかにも横隔膜あごを使ったビブラートが
ありますが、基本的には同じビブラート。

いろいろなビブラートはすべて
喉ビブラートを併用しているといいます。

よって、喉を使ったビブラートは
基本中の基本であり、決して悪者では
ないということになります。

誤解しないであげてくださいね。

練習はなにをしたらいい?


これにはいろいろとあります。

基本の喉ビブラートから始めると
いいという人もいれば
腹式呼吸が大切だという人もいます。

そんな中、友人に教わったのは
喉ビブラートの母音連続の方法。

「あーーーーーー」とを出しますね?
そこに「あーーぁぁ」と小さな母音
連続で入れていきます。

これに慣れてくると母音がなめらかに
出るようになってくるそうなので
続けて練習します。

それでビブラートの感覚というか
こんな感じのもの、というのを掴んだら
さらに上の練習を試します。

  1. 高めの音を使う

  2. 気持ち高めの音で発声し、その音を頂点に
    5音の音源を確保する。

    もしも、高い声が出ない場合や5音を確保
    するのが難しい場合にはできる範囲内
    振り幅を大きくとるといいそうです。

  3. 動かしてみる

  4. スピードとしては1数える間に2,3回

    慣れたら、そのスピードをあげるのですが
    振り幅が小さくなってしまいがちになるので
    5音の音程差を下回らないようにすること。

  5. 裏声で発声する

  6. これは裏声、ひっくり返ったような声が
    理想だそうですが、難しいと感じる方も
    多いので、別に地声でもいいのだそうです。

  7. 喉にあえて負担をかけてみる

  8. 喉が枯れないようリラックスさせるには
    喉を疲れさせることが必要になります。

    スピード振り幅を含めて、自分のベストな
    方法を設定するといいでしょう。

    なお、これは定期的に見直してみるほうが
    より上達する道だそうです。

これが、友人の練習方法だそうですが
結構、本格的です。

練習の時間についても聞いてみたのですが
1日あたり、10分程度だそうです。

それ以上やると、喉を痛める原因
なりかねない、限界を見つけようとして
やったら、翌日しゃがれ声になったとか。

いろいろ試しながら、ビブラートを習得し
毎日維持トレーニングを数分
行うと喉が感覚を忘れないということです。

このやり方で10日、まずは試してみて
もし、変化がないようだったら
練習要領を見直すこと。

あとはカラオケ本番前、直前を避けて
数分練習しておくとウォーミングアップにも
なるそうです。

あとは、動画を探していて、面白いものを
見つけましたので、載せておきます。

この方は、「」を連続して言う
練習方法を提案されています。

最初はゆっくり、でも徐々に早く~
という感じに撮影されていますので、彼に
続けるように発声練習するといいでしょう。





さいごに


ビブラートについていろいろと書いて
みましたが、いかがでしたでしょうか?

これからビブラートを習得していこうと
思っているあなたの、お役に立てた
でしょうか?

ビブラートってかけ方も大事ですが
かける場所も大事だったりしますよね?

とりあえずかけときゃいいだろ?と各所
散らしすぎるとそれこそ喉に負担ですし
なにより残念な感じになってしまいます。

ビブラートは無理してかけずにここぞという
ところでかけて歌うのがかっこいいのだと
今回、教えてくれた友人は嬉しそうでした。

どうやら、ビブラート同志が増えたと
思われたようです。

ですが、興味本位で尋ねてみたのですが
意外と、知らないところで努力して
いるのだなと思いました。

あなたはビブラートが喉に悪い
思っていたのでしょうか?

でしたら、それは誤解です。

喉を痛める原因はなにかほかにあると
思います。

ですので、ぜひビブラートを練習して
カラオケで尊敬の視線を総取りにして
みてはいかがでしょう?

声がきれいに伸びると歌っている側も
気持ちいいですし、観衆も心地いいです。

日々の積み重ねは大事ですが、くれぐれも
無理だけはしないようにして、練習
してみてくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ