スポンサードリンク

タイミングベルトの交換!時期はいつごろ?

車のパーツのなかで、心臓のように大切なもの。
それは、エンジンですね。

087978-300x223
ここでは、
そのエンジン部品の一つである、
タイミングベルト」について、見てみましょう。

このパーツの交換は、決して安くはないものですね。
多くは、工賃のようです。

軽自動車であれば、安くて3万円。
10万円程度か、それ以上かかることも、あります。

あなたは、ディーラーから、または車検の際、
「タイミングベルト交換ですね」と、
言われたことは、ありませんか?

予防交換時期として、推奨されているのは、これです。

  • 10年で交換
  • 10万kmで交換
この記事では、これらの質問の答えを、お教えします。
  • なぜ、このような基準があるのか?
  • この基準より前に、これがダメになることがあるか?
  • 何を定期的にしないと、この寿命が減るか?
  • どの車種も、この基準が適応するか?
  • なぜ店の人は、早めの交換を勧めてくるのか?

スポンサードリンク






2種類の基準があるのはなぜ?


まず、「10年で交換」の理由からです。
タイミングベルトの素材は、ゴムです。

10年も使っていると、ゴムはどうなりますか?
劣化していきますね。
長年使っていると、切れる可能性が高くなります。

もう一つ、「10万キロで交換」についてです。
大抵、このぐらい走ると、
切れる・削れるということが多いです。

安全をみて、メーカーはこの基準を推奨しています。

推奨されている時期より前に切れる可能性は?


このように、
「10年10万キロ交換」と、言われていますが、
ピッタリ、この時期にダメになるわけではありません。

推奨時期よりも、早く劣化する可能性があります。
例えば、「4万キロで切れた」「8万キロで切れた」、
と言うことを、聞くことがあります。

なぜ、早く壊れてしまうことがあるのでしょうか?

それは、車それぞれの状態・環境が異なるからです。
古い車と新しい車でも、異なるでしょう。

荒い運転をする人、メンテナンスを怠る人の場合、
タイミングベルトの交換が早まるでしょう。

何を定期的に行うべきか?


では、
タイミングベルトを、長く大事に使っていくために、
どんなことを、定期的にすべきでしょうか?

必要なのは「オイル管理」と「冷却水管理」です。

オイル管理の必要な理由は、
オイル漏れによって、ベルトに付着し、
ベルトが、切れやすくなります。

ですから、
決められた時に、定期的にオイル交換しましょう。

冷却水管理の理由は、これを怠ると、
ポンプが錆びてしまい、ベルトに負荷を与えてしまい、
切れる可能性が、出てきます。

ですから、こちらも守りましょう。

車種によって交換時期が異なる?


国産のほとんどのメーカーが、
10年10万キロでの交換を、推奨しています。

車種と言うより、
運転の仕方・メンテナンスの定期性に、
注意を、払いましょう。

まとめ


ディーラーや、車検の際、
タイミングベルトの、早めの交換を勧めてくるのは、
「なぜ」でしょうか?

それは、お客さんのため
つまり、長く大切に車に乗ってほしいからです。

026048-300x210

早めの交換により、
事故を避け、安全に運転してもらうため、
また、エンジンに深刻なダメージを与えないためです。

ですから、整備士さんたちの言うことを、
守るのも、大切だと思います。

安心安全のカーライフを!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ