スポンサードリンク

ゴルフの練習!自宅で上達できる方法は?

ゴルフを始めて最初の目標は、100を切ることと
言われますが、これが意外と大変なことは、
経験者であればわかると思います。

しかも確実に100を切るためには、
パット数をどれだけ少なくできるかが、
重要になってきます。

004969

ドライバーで230ヤード飛ばすのも一打、
パットで5cmを転がすのも一打、

いくらティーショット、アプローチが上手く行っても、
3パットしてしまっては、何にもなりません。

自宅で、簡単に練習できるのが、このパットの練習です。

パット練習用マットは、いくつも売られているので、
練習するスペースを参考に、パット練習用マットを、選ぶと良いですね。

今回は、パット練習の仕方のコツをご教授します。


スポンサードリンク




パットの重要性


ゴルフのスコアアップを目指すには、
パットの練習が、重要になります。

確実に100を切るためには、
1ホール2パット以内を、目標にする必要があります。

そのため、グリーンに乗せる位置を、できるだけ旗から、
近い距離にすることが、望ましいのですが、
時には、ロングパットの練習も、必要になります。

6636714470e941a10078faa9190ec0bb_s

パット数は、スコア全体の約半数を占める場合もあるため、
パットの練習が、重要な意味を持っています。

できるだけ3パットしないように、練習しましょう。

 

パット練習の意味


100を切れないのは、本コースに行く回数が
少ないことも、原因のひとつだと、考えます。

ドライバーやアイアンの練習は、打ちっぱなし
何十回、何百回と練習していても、意外と、
パターの練習回数が少ないのだと、思います。

それはパターの方が、ドライバーやアイアンよりも
簡単だという考え方が、あるからだと思います。

でも現実的には、パターを使う回数が多くなっていて、
思った通りには、行かないものです。

そのため、パターの練習回数を多くすることが、
必要になってくるのです。

 

効果的なパット練習方法


自宅でパットの練習をする場合、
まずは、10cm~20cmの、短い距離から
始めることが必要です。

部屋の中で、パットの練習をするためには、
市販のパッティング練習用マットを、使います。

短い距離で、確実にボールをヒットし、
真っ直ぐ転がすことが、基本になります。

慣れてきたら、10cmずつ距離を伸ばして行き、
1mくらいまでは、確実に入るよう、練習します。

市販されているパッティング練習用マットは、
2m~3mの物が一般的ですが、
10mのものもあります。

 
ロングパットの練習をする場合、1mのところに
目印を付けて、必ず目印の上を、通過させる練習を
してください。

距離が長くなると、力が入って、パターのフェースが
真っ直ぐにならなくなるので、真っ直ぐ転がすことが
基本になります。

実際のコースでは、芝が順目か逆目かだとか、
フックラインやスライスラインなど、平らではないけど、
自宅では、とにかく真っ直ぐ打つことを、練習します。

 

秘密のパット練習方法


パッティングが、真っ直ぐ転がるようになったら、
次に必要なのは、距離感です。

距離感の練習をする場合も、まずは10cmから始め、
徐々に距離を、伸ばして行きます。

距離感は、スイングの振りの大きさで、調節する感じで、
インパクトの強さを変えないことが、コツです。

また、テイクバックの速さと、インパクトの早さも
同じくなるように、練習してください。

1mくらいの距離であれば、差ほど難しくないですが、
確実に入るまで、スイングの練習をします。

ロングパットの場合は、1mのところに目印をつけて、
目印を通過するまでの早さが、早い程、遠くまで転がる
間隔を掴む
のがコツになります。

スイングに気を取られて、真っ直ぐ転がすという、
基本を忘れないように、しましょう。

カップの代わりに、紙コップを置き、
ボールがカップに、ゆっくりと入った後、
紙コップが起き上がる感じになれば、OKです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ