スポンサードリンク

カーボンヒーターの電気代!比較してオトクなのは?

電気ストーブと言えば、電気代が高すぎる!イメージが強いです。
確かにオイルヒーターは電気代かかります。高額です。

しかし、最近出てきたカーボンヒーターは、
電気代もそんなにかからず、しかも暖かいという利点が目立ちます。

いろんな意味で最強の暖房器具は、暖炉だと思いますが、
それは日本中どこでも、気軽に導入できるものではありません。

今回は、電気暖房に絞ってみましょう。


スポンサードリンク




暖房を「どこ」に焦点を当てて使うか?
  • 部屋全体を暖めたい!
    部屋全体を暖めるのに最適なのは、エアコンです。
  • 部屋が広いので、自分だけを暖めたい!
    自分だけを暖めたいという、スポット暖房にお勧めなのは
    電気ストーブ(カーボンヒーター)です。

電気ストーブも、

  1. 光のように熱を出して、当たった部分を暖めるもの
  2. 温風を出して全体を暖めるもの
の2種類に分かれます。

ここでは、電気代もオトクで空気を汚さない、
カーボンヒーターについてご紹介します。
fire-322886_640-300x225
許されるなら一度は当たりたい、暖炉。
芋を焼きたい、暖炉。

カーボンヒーターのおすすめポイントは?

  • 電気代が安い
    一般的なハロゲンヒーターよりも消費電力が少なく(半分程度)、
    暖かさは同じくらい。

  • 空気を汚さない 
    温風を出すタイプの暖房は、
    燃焼した結果の暖かい空気を発生させる。室内で埃が立つ

  • 遠赤外線で温まる 
    体の芯から温まる効果があります。

  • 即暖性! 
    スイッチ入れてすぐ温まる。待たなくてもいい。

winter-20234_640-300x205

カーボンヒーターの電気代は?

  • 消費電力:150W~1,000W
    個人的に、300Wでも十分暖が取れるので、それで試算します。

  • 使用時間:5時間
  • 電気料金:1kWh=22円
    (300W = 0.3kWh)

0.3kWh × 5時間 × 22円 = 33
33円 × 30日 = 990

1か月、毎日使っても990円です。

しかし個人的に、300Wをずっと浴びていると、
途中で暑くなってしまうので、
間に電源OFFの休憩を挟みます

そうすると、運転時間はもう少し減りそうです。
電気代も減りますね。

足元暖房なら150Wが多いようです。
気になる電気代は、半分の495円ですね。

ちなみに、同じ暖かさをハロゲンヒーターで求めると
600Wが必要になってしまうので、電気代が純粋に2倍になります。
1,980円です。これはちょっと痛い。

カーボーンヒーターも、パーソナル向けの小型から
狭い部屋を暖めるまでの大型まで、いろいろあります。
しかし、上記に挙げたカーボンヒーターの特性を考えると、
小型から中型のものをおすすめします。

大型になると、消費電力もうなぎ上りに増えるので、
電源の確保が重要になります。

ヒーターの電源コード自体が発熱するので、
タコ足配線は大変危険です。ご注意を!

カーボンヒーターの寿命は?

  • 寿命時間:約5,000~7,500時間
    短い方の5,000時間で試算しましょう。
  • 1日の運転時間:5時間
  • 年間の運転期間:150日(5か月)

5,000時間 ÷ 5時間/1日 = 1,000
1,000日 ÷ 150日 = 6.6年

6年強は使える計算です。
(恐らく7~8年は行けそうかと)

カーボンヒーター本体は、一般的なものなら
5,000円程度で購入することができます。

今年の補助暖房に迷ってる方は、
カーボンヒーターを選択肢の中に
入れてみるのをおすすめします!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ