スポンサードリンク

カラーの持つ効果!心理に影響を及ぼす!?

って視た人に、影響を与えるって、
どこかで、聞いたことがありますか?

何も難しいことでは無く、結構ごく普通に、
みんな自然と、取り入れていることだったりします。

083861541fbe9ac8545815c09cbb4050_s-300x200

例えばですが、夏の日差しが強い季節に、
黒い服を着ていたら、なんだか、プラス1度、
気温が上がったかのように、暑そうに見えますよね。

逆に、カンカン照りの時でも、水色や青の、
洋服を着ているのを見ると、
心なしか、涼しくなったような気がしませんか?

このように、色は様々なシーンで、私達に、
色々な影響を与えている
んですよ。


スポンサードリンク




色の持つ効果とは!?


こういった研究を、色彩心理学または、
カラーセラピーと言います。

今回は色が与える効果を、色彩心理学の観点から、
色々なシーンに効果のある色を、
見ていきたいと思います。

安眠に効果のある色は?

20ba5952b657f81fde5e0b0d91cd9e1b_s-300x225

最近よく眠れない・・・と言う方は、
青色を、取り入れてみてはいかがでしょう。

青色は、心と体を落ち着かせてくれる色ですので、
これで、体の熱を冷やし、眠りへと導いてくれます。

青系の中でも、スカイブルーや、ホライズンブルーなどの、
パステルカラーの、青を取り入れると良いでしょう。

例えば、寝具やパジャマをスカイブルーにしてみては、
いかがでしょう。

ただし、真冬の寒い時期などは、青系の寝具が、逆に、
体を冷やしてしまい、寒くて寝付けない
なんてことにもなりかねません。

そんな時は、暖色の淡いパステルカラーの、
オレンジや黄色、ピンクなどを、
寝具に、取り入れてみて下さい。

やる気が出る色は?

ae53f181a60ee9052a1889be07565fb3_s-300x225

やらなきゃいけないことは沢山あるのに、
どうしてもやる気にならない
そんな時は、情熱の赤色です。

赤は体温や、血圧、脈拍を上昇させ、
アドレナリンの分泌を促してくれます。

やる気を奮い立たせるために、赤い色を、
身に着けてみて下さい。

洋服だけでなく、男性ならネクタイ
女性なら赤いマニキュアなど。
目に入る度に、やる気のスイッチを入れてくれますよ。

苛立ちを収めてくれる色は?

20140918-300x300

どうにもイライラが収まらない、そんな時には、
水色がかった緑色の、ターコイズがお薦めです。

ターコイズの色は、浄化の色とも言われており、
この色を見たり、身に付けたりすると、
心が清々しい気持ちになり、苛立ちは消えてしまいます。

反対に、イライラしている時に、良くないのは、黄色です。

この色は、警戒色とも言われており、
この色を見たりすると、更に、
イライラが募ってしまうこともあるので、ご注意を。

二日酔いや食欲がない時にはどんな色?

飲み過ぎた時や、夏バテなど、
食欲が、どうしても出ない時ってありますよね。

そんな時には、オレンジがお薦めです。
腸や肝臓が弱っている時に、回復効果があります。

更に、オレンジは、ポジティブな、
イメージを持つ色ですから、気持ちが落ち込んで、
食欲がない時にも、パワーを与えてくれます。

オレンジの、ランチョンマットを敷いて、食事を取れば、
思ったよりも、ご飯が進むかもしれませんよ。

オレンジ以外では、暖色の黄色や、赤も、
食欲を、刺激してくれる色と、されています。

ダイエットしたい時にはどんな色?

反対に、食欲減退させる色は、です。
たまに、青色のパスタや、ご飯がメディアに登場しますが、
あれは失礼ながら、どう見ても、イロモノ料理ですよね。

青く着色されても、味は変わらないと分かっていても、
自然界の食物には、青色が無いので、どうしても、
不自然に感じ、脳が拒否してしまうんです。

ダイエットしたい時には、逆に青色の、
ランチョンマットを敷いてみては、いかがでしょう。

また、ダイエットの時には、なるべくピンクは、
控えた方が良いでしょう。

ピンクは、味覚的に甘さを刺激してしまうので、
甘いお菓子が、たまらなく、美味しく感じてしまいます。

気持ちを切り替えたい時にはどんな色?

9f6dac38eb3a6ef816ed6f0840905552_s-300x200

嫌なことがあった時、気持ちを切り替えて
次に進みたいと、思いますよね。

そんな時に有効なのが、白と黄緑色です。

白で、一旦気持ちをリセットさせてから、
黄緑色で、新たな出発をします。

黄緑は、新たな出発や、成長を表す色です。
この2つの色で、気分を入れ替えましょう!

人前で話す時にはどんな色?

スピーチをする時、人前に出て、話さなければいけない、
そんな時に有効なのが、黄色です。

黄色は、左脳に働きかけ、知性を高めてくれます。
理解力や記憶力、判断力が高まり、
不安を、和らげてくれる色です。

この色を身につけていれば、頭が回り、
話も、饒舌になるでしょう。

ここぞ、と言う時、黄色いハンカチなどを、
ワンポイントに、身につけてみては、どうでしょう。

最後に


いかがでしたか?
色彩心理学って、とっても奥が深いですね。

色には、様々なイメージがあり、効果があります。

こうした効果を知ることで、洋服や雑貨を選ぶ時、
その時に必要な色を、自分で選び出すことが出来、
それを、うまく活用することが出来ますよね。

色の持つ効果を、色々なシーンで、発揮し、
あなたの生活の、役に立ててみて下さいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ