スポンサードリンク

イラストの悩み!体の上手な描き方!

最近のテレビ番組を見ていると、子供番組でも、
教育テレビでも、よくアニメ画像が出てきますね。

077594-300x225
アニメは、日本の文化!と言われるようにまでなり、
子どもから大人まで、アニメにどっぷり浸かって、
楽しまれている方も、少なくありません。

その影響もあってか、最近のお子さん、
特に女の子は、好き嫌いにかかわらず、
イラストを描かれていることって、多いですね!

中には、将来の夢に、「漫画家になりたい」と、
希望を持っているお子さんもいます。

芸術科、美術コースのある学校へ、
進学したい!と、思っているお子さんもいます。

私も、絵を描くのは好きですが、
私の場合、独学で、好きに描いているだけ。

ですから、偉そうなことは言えませんが、
イラストを描くときに、一番悩む問題

「体の描き方」について、一緒に、
学んでみましょう!


スポンサードリンク





描く上での基本


イラスト、漫画の絵を描くにしても、
やはり基本は、人体のデッサンからだと、
私は考えます。

046244-225x300
人間の体のバランス、動き、筋肉などを、
知っていなければ、先に進むことが出来ません。

まずは、デッサンあるのみ!

デッサンの方法


デッサンにも、いくつか方法があるので、
こちらに挙げてみますね!

019659-300x265

  • 体の構造、バランスの前に、
    大体の人の形を描けるようになりましょう!
    デッサン人形(画像のような人形です)を購入し、
    その人形をデッサンするのも、基本としては理想的!

  • 人の形が描けるようになったら、
    モデルを頼める人がいるのであれば、頼んで、
    デッサンさせてもらう。

  • で、自分を見ながらデッサンする。

  • 携帯で自分撮りをし、それを見ながらデッサンする。

  • 知りたいことが載っている雑誌を購入、または、
    図書館で借りて、デッサンする。
    (筋肉なら、格闘技の本。バランスなら、ヌード等)

  • ファッション雑誌に、トレーシングペーパーを載せ、
    なぞり描きをしてみるのも、ひとつの手!

075752-300x225

これらを繰り返して、デッサンの練習をすれば、
人間のバランス、動き、筋肉が身に着くはずです!

これが、体を描く上での、上達の鍵!

おススメの本&サイト


おススメの本

★やさしい人物画 1944円(税、送料込価格) 
A・ルーミス(著) 北村孝一(翻訳)

デッサン向きの本です。基礎の基礎って感じですね。

★人体のデッサン技法 2160円(税、送料込価格)
ジャック・ハム(著) 島田照代(著)

子どもから大人までの、
人物の体のバランスを学ぶのに、
おすすめですよ♪

おススメのサイト

★人を描くのって楽しいね
http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/

基本の基本!
体の描き方から、顔などのパーツに至るまで、
楽しく学ぶことができます。

077593-300x225
また、基本をマスターしたら、の、
漫画の描き方なども、ご紹介されています。
モンスターなどのキャラも、描けるようになりますよ!

こちらのサイトを運営されている、中村成一さんの本

「人を描くのって楽しいね!顔・頭編」
「人を描くのって楽しいね!衣服編」
「人を描くのって楽しいね!漫画のための人物デッサン」

いずれも、1728円(税、送料込価格)と、
おススメです。

体のバランス


デッサンの練習をしていると、体のバランスが、
分かられるハズですが、私が基本にしていることを、
ご紹介します。

イラストを、等身大と考えて描くとき。
大体、7頭身で描いていることが多いです。

1等身目が、顔と頭。
2、3頭身で、胴体部分。ウエストをちょっと上気味。
4等身目から、腰の部分と足に入って行く感じです。

この時、はウエストより少し上。
手首は、足の付け根の少し下。
手のひらは、太腿の半分くらいまでに治める。

という形で描くと、バランス良く描けますよ♪

分からなくなったら、近くにいる人に、
希望のポーズをしてもらい、肩幅や筋肉の動き、
シワなどを、観察させてもらうのもいいですね!

好きこそものの上手なれ!
最初は下手でも、好きなら、うまくなる!

繰り返しのデッサンが、上達への道です!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ