スポンサードリンク

餃子の皮を冷凍で?この方法で問題解決!

大人も子供も大好きな餃子。

手作り餃子の皮は、
1袋に入っている枚数が多いので、
大量に余ったりしますよね?

chinese-food-210101_640-300x225

しかも餃子の皮は、一度開封すると、
固まったり、べしょべしょになったりします。

そこで今回は、余った餃子の皮の上手な
冷凍保存の仕方と、餃子の皮で出来る
簡単なレシピをご紹介します。


スポンサードリンク




冷凍するなら何かを挟むのが良し!


パンなど、小麦粉製品は冷凍できる
ものが多いです。

餃子の皮も冷凍室で保存しておけば、
1ヵ月ほど持ちます。

その時の保存方法ですが、
そのまま袋ごと保存すると皮が重なったまま
固まってしまいます。

束でくっついたまま固めると解凍して
使えるようになるまで時間がかかるので

ラップなどを挟んでおけば、
使いたい時に、綺麗にはがせます。

クックパーのほうが解凍時に水分を
吸収してくれるのでオススメですが、
ない場合は、ラップでもOKです。

1枚ごとにクックパーを挟めば
使いやすいのですが、

手間もコストもかかるため、1度に使う量
ごとに包んでおくと良いでしょう。

シワや折れに気をつけて!


冷凍すると割れやすいので、皮はなるべく
折らないように凍らせるのがコツです。

たとえばトレーなどの平らなものに
敷き詰めて一度冷凍すれば、
綺麗な平らになります。

シワや折れ目があると割れやすいので
平らな形で凍らせると良いです。

凍ってからは、邪魔なトレーをどけて
別の容器に移し替えても良いでしょう。

冷凍室で圧迫されなければ、割れる心配も
ないので、冷凍室が空いているなら
容器に入れず、そのまま置いても大丈夫です。

面倒な人はまるごと冷凍?

1枚1枚ラップで包むなんて面倒だ!
という人は、袋ごと冷凍しても構いません。

せめて、折れないように平らな場所で、
圧迫されない場所を選らんでください。

アイスの箱の上や、空箱の中が
良いかもしれません。

ちなみに、束になった冷凍の皮は
解凍に時間がかかりますので、

すぐに使いたい時は、上からてのひら
押さえて、体温で柔らかくしてから
1枚ずつはがしましょう。

1枚ずつはがす場合は、破らないよう
気をつけましょう。

解凍時の注意点


冷凍した餃子の皮を解凍する時、
急激な温度変化だと、餃子の皮が
劣化してしまいます。

変色したり、べしょべしょになって
しまうと困りますよね?

ですから、解凍する時は必ず冷蔵庫で
自然解凍しましょう。

どうしてもすぐに使いたい時は、
ひとつ前に挙げたように、

冷凍の皮を手であたためて、1枚ずつ
はがして使うという方法もあります。

半調理で冷凍すれば簡単おやつ!


餃子の皮をそのまま冷凍するのも
良いですが、半調理してから凍らせると
すぐに食べられて便利ですよね。

ここで、簡単な餃子の皮ピザの
作り方をご紹介します。

  • 家にあるもので作る餃子の皮ピザ
1.まずは餃子の皮にケチャップ、
もしくはピザソースを小さじ1~2、
お好みで広げたあと、

2.家にあるもの(ウインナー、ピーマン、
コーン、チーズ)を乗せて、アルミホイルを
敷いたトースターで3分程焼きましょう。

生地の薄い部分焦げない
よう、窓から確認してください。

たったこれだけで出来上がりです。
トースターの温度によって
若干焼き時間が変わります。

ホットプレートであれば、
一度にたくさん作れるので
焼きやすいでしょう。

ホットプレートと具材をたくさん用意して
ピザパーティなんていかがですか?

皮と具材を一緒に冷凍する際は、具材の
重みで形が崩れてしまうので、

餃子のようにピザの具を巻き込んで
冷凍し、食べたい時に揚げて食べる
のも簡単で便利です。

ただし、冷凍に適さない食材もあります。

チーズを一緒に冷凍する場合、プロセスチーズは
冷凍に向いていないのでナチュラルチーズ
使いましょう。

調理して冷凍する際は、ラップで
ひとつひとつ包んでおくと良いです。

餃子の皮と言っても、餃子以外にも使える皮
ですので、冷凍室にあれば、重宝すること
間違いなしですね。

refrigerator-148332_640-189x300


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ