スポンサードリンク

美味しいインスタントコーヒーの入れ方!上司にも受けが良いかも?

ちょっとしたブレイクタイムに、コーヒーを
飲む人は多いですよね。

111149
味にこだわるなら、時間は掛かるし、手間もかかるけど、引き立ての豆を、ドリップするのが良いですね

でも、なかなか、そんな余裕がある場合は少ないですよね

味や風味は落ちるけど、手軽に楽しめる
インスタントコーヒーが、主流ではないでしょうか?

私も、仕事の最中にコーヒーが、飲みたくなるのですが
そんな時には、インスタントコーヒーを使います。

でも、なんだか物足りない・・・
という事で、ちょっとした工夫で

インスタントコーヒーが、美味しくなる方法を
研究してみました。

その中で、特に手軽に出来て、しかもおいしくなる方法
今回はご紹介しますね。

今度、インスタントコーヒーを入れる時に
試してみてください


スポンサードリンク





最も簡単で良い方法とは!

これ、最初に聞いた時は、信用していませんでした。
だって、めちゃめちゃ簡単なんです。

でも、やってみると、これが意外に美味しい!
「ドリップコーヒー並み!」とか「カフェ気分」
と言うのは、大袈裟だと思いますが

今迄のインスタントコーヒーとは、別格の味わい
香りです。

その方法とは
「少量の水で、先に溶いておく!」
です。

具体的には、スプーン一杯程度の水(5~7ml程度)で
先に、インスタントコーヒーを溶かしておきます。

そして、沸騰したお湯を、少し置いておいて
そのお湯で入れると、見違えるように違います。

たったこれだけですが、今までのインスタントコーヒーが
別の物に思える位変わります。

大雑把医には、これだけで、十分美味しいと思える
コーヒーを作る事が出来ます。

なのですが、もう少しだけ気を付ければ、もっと
美味しくなる方法があります。

その方法とは・・・

美味しく入れる小テクニック!

テクニックと言ってますが、実はそんなに
大袈裟な物では無いのです。

その方法とは、以下の3点

  • 決められた分量を守る
  • カップを温めておく
  • 電子レンジで温める

「決められた分量を守る」に関しては、当たり前!
思う人が多いとおもますが、意外に守られてないですよ!

「インスタントコーヒーだから、適当に目分量で」
と言う人が多いのでは?

というか、私も目分量で入れていました(^^ゞ
でも、これを守って入れると、香りが違います

面倒かもしれないですが、やってみてください。

あと、「カップを温めておく」ですが
これは簡単です。

お湯を沸かす時に、大目に沸かして
カップに入れて、少し待つだけです。

これで、カップは暖められます。

「電子レンジで温める」と言うのは、コーヒーを入れて
少しの間、電子レンジを使う事です。

詳細は分からないのですが、電子レンジの電磁波によって
分子構造が変化して、より美味しくなる感じです。

普段のインスタントコーヒーが、これだけの
ちょっとした工夫で美味しくなります

最後に

この他にも、インスタントコーヒーを選ぶとか、
水に拘るとか、隠し味を加えると言った事が
よく言われています。

実際の所、インスタントコーヒーを選ぶ事や
水に拘ったり、隠し味を加えたりすると
当然、味は変わってきます。

ただ、「簡単に出来る!」と言う点では、少し
違ってくるように思えます。

時間やお金がある場合には、迷わずドリップした方が
美味しいとおもます。

今回は、簡単に出来る」インスタントコーヒーの
美味しい入れ方
をご紹介しました。

チョットした事なので、是非、試してみてください。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ