スポンサードリンク

絶品!生の鯖寿しを食べるには?

鯖(さば)といえば、青魚の代表格。
お好きな方も多いのでは?

048152-300x126
お寿司屋さんで、鯖の握りを注文すると
酢でしめた

しめさば

で出てきます。

そういえば、さばっていつも酢でしめてあって
生で食べたことないな・・・
それが普通だと思っていたけれど。

どんな味なんだろう?

そんな疑問にお答えします!


スポンサードリンク





なぜ生で食べられない?


さばは、非常に傷みやすい魚です。

さばがよく穫れる九州地方などでは、
主に生で食べられていますが、生で食べるのは

水揚げされてすぐ

でないと難しいのです。


さばの生き腐れ、という言葉があるように
さばは死ぬとすぐに
自分自身の体を消化し始めてしまいます。

この消化により、腐敗菌が増殖します。

そのため、塩で余計な水分を抜き
酢で殺菌をし、腐敗が進むのを食い止めます。

また、さばには
アニサキスといわれる寄生虫が存在します。

回遊魚であるさばは、
回遊中に、アニサキスに寄生されるといわれています。

寄生虫は、酢でも死滅しません

アニサキスは、さばが生きている間は
内臓に潜んでいますが
魚が死ぬと身の方に移動してきます。

ですので、釣った直後のさばの内臓を、すぐに処理します。
アニサキスが、身に移っていないかを、注意深くよくよく観察し、
その日のうちであれば、生で食べることが、可能です。

・・・が、素人が判断し処理するのは、やはり危険
生で食べられるように処理されたさばを
お店で、購入することをお勧めします。

ちなみに・・・
アニサキスに感染すると、食べて3〜4時間のうちに
突然の激しい胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐などの
症状に襲われます。

胃に寄生してしまった場合は、
胃カメラを使い取り除きます。

しかし、腸に寄生してしまった場合は、
開腹手術が必要となる場合があります。

アニキサス、恐ろしいですね〜!

最初に書きましたが、
九州地方で、食べられている、
関サバは、刺身で食べるのが主流です。

これは鮮度の良さと、本来回遊魚であるさばが
特定の場所に根付き回遊しなくなり、
アニサキスが寄生する可能性が低くなっているため、

また、この地域で寄生するアニサキスは
さばが死んでも内臓に留まるため、といわれています。

さばが、酢でしめられた状態で、提供されたり、
生で食べることが、ほとんどないのは
しっかりとした、理由があったんですね。

生の鯖を食べるには?


066138-300x300
酢でしめるのも、料理人の腕の見せ所。
作り手によって、大きく味が変わってきます。

ひと手間かかった、しめさばも十分美味しい
けれど、脂がのった生のさばの味は、格別です。

ぜひとも生で食べてみたい!
そんなあなたに、さばを生で楽しめる所をお教えします。

北陸地方(主に福井県)

舞鶴港〜富山・新潟港で水揚げされるさばを
生で食べることができます。

日本海の過酷な状況で育ち、
脂がのった、分厚い身の生さば寿しは絶品!

四季食彩 萩
生さば寿しのお取り寄せが可能です。


九州地方(主に大分県)

関サバとよばれる、ブランドさばが有名。
鮮度がいいため、基本的に生で食されます。
寿司はもちろん、刺身は最高の美味しさです。

・活魚料理処 関の瀬
名物の関サバ寿司は、他では味わえない逸品です。

いかがですか?
生のさば寿しを食べにいくもよし、自宅で楽しむもよし。
ぜひ味わってみてくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ