スポンサードリンク

秋限定!むかごと銀杏のおいしい炊き込みご飯

というと、おいしいものが、
たくさん出まわりますね。

サンマに松茸、里芋、栗、なし、柿、ぶどう・・・

0f45038a15bfd36295c4ea43cae1a3bd_s-300x200
旬のものを旬に、いただくって
食材のもつ、パワーとおいしさを、
いただくということ!

体にも心にもいい感じがしますね。


スポンサードリンク





秋の味覚「むかご」って、知っていました?


「むかご」って、あまりなじみがないかも!

img59918695-2-150x150
むかごは、山芋の蔓の葉の、付け根にできます。
直系1㎝ぐらいの、まるくて茶色い、
ちいさなお芋です。

地下にできる山芋と同じように、
とっても、栄養価の高い食べ物です。

ゆでたり、蒸したりして、簡単に
食べることができます。

そうそうお味も、お芋のほっこり感
あって、おいしいですよ。

秋になるとスーパーにも並ぶので、
気を付けて探してみてくださいね。

秋限定!むかごと銀杏の炊き込ご飯

 

a1180_007361-150x150
 

秋の香りが、いっぱいのおいしい一品です!

■材料
米2合
むかご 20~30個ぐらい
銀杏  20~30個ぐらい
酒  大さじ1
塩  少々
昆布 5㎝位

1 銀杏の殻を割って、中の実を取り出します。
熱湯に銀杏を入れて、茹でながらお玉の背で、
転がすと、薄皮がはがれます。

 

a1180_009787-300x197これが、面倒!簡単な方法は、ワンポイントを見てね。

2 むかごは、塩でよくすり洗いします。
むかごの皮は、むかずにそのままです。

3 お米は普通の水加減にします。
昆布を入れて、30分ほどしたら、
昆布は取り出します。

4 お酒と塩をふり、お米とさっと混ぜます。
 
5 お米の上に、むかごと銀杏のせます。
  このとき、具は、けっして、混ぜないこと!

6 炊飯器のスイッチを入れて普通に炊きます。
  もし、炊飯器に、「炊き込み」のメニューが
  あったら、選んでスイッチ、ポン!
 
7 炊きあがったら、さっくり混ぜて、できあがり!

塩とお酒でシンプルな味付け!
でも、ほくほく・ぷちぷちでおいしいですよ。

むかごは、炊き込みご飯で
いただくのが、一番かも!

 
ちょっと ワンポイント!

■銀杏の殻むき

苦労しますよね。
これが面倒で食べるのを
躊躇してしまいます。

でも、超簡単な方法があります。

以前、知り合いの方に、
「このままチンして食べてね。」って、
封筒に入った銀杏を、いただきました。

レンジで1分チン!

封筒の中で、殻がはじけているので、
あとは、かわをむくだけ。

収穫した銀杏を、お土産にする時の、
とても、いいアイディアだなぁ
と思いましたよ。

 

■おこわにしても、おいしい!

米2合を、うるち米1.5合 もち米0.5合にすると、
もちもちのおこわご飯に、なります。
うるち米ともち米は、1対1だと、さらにもちもちになりますよ。

■さらに秋の味に・・

むかごと銀杏に、も、加えてみましょう。

秋の味が満載で、見た目も、味も、ちょっと贅沢な、
炊き込みご飯になりますよ。

ちょっと、なじみのなかった「むかご」
ころころかわいい形で、ほくほく味はしっかり。

秋の味覚の仲間にいれてあげてくださいね。

秋も終わるなーなんて、思ったお休みの日に
ぴったりの、炊き込みご飯でした!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ