スポンサードリンク

人気のキャラ弁!子供の反応とおすすめのキャラ!

e2794cd99ad7eb1ea3c1e9848a308287_l-200x300 最近の、幼稚園や学校でのお弁当は、
キャラ弁が「当たり前」という風潮が、見られるようになりましたね!

ブログなどを見ていても、キャラ弁を扱ったブログの、多いこと!

みなさん、朝から頑張ってらっしゃるんだなーと、ブログを拝見しながら驚き半分、尊敬半分!

私も料理が好きで、毎日3人分のお弁当を、
作っていますが、キャラ弁を作ったのは、
人生で一度だけ。

その時の、子供と夫の反応について、また、
作りやすいキャラについて、色合いをどうつけるか?
などなど、キャラ弁についてご紹介します!


スポンサードリンク




作りやすいキャラ


私個人が思う「作りやすさ」なので、多少違う!
と思われるかもしれませんが、ご了承くださいね!

おむすびまん

アンパンマンのキャラで、三角おにぎりに、
のりを貼るだけというキャラ。
そうそう失敗もしないはずです!

アンパンマン

不動の人気のアンパンマン!
小さいお子さんで、アンパンマンを知らない子は、
いないので、きっと喜んでくれるはず!

チキンライスをベースにされると、作りやすいでしょう。
多少崩れても、雰囲気は出るので、アンパンマンだ!
と気づいてくれるはずです!

ピカチュウ

ご飯の色をどうしよう!?と、悩まれると思いますが、
薄焼き卵を作って、それで顔と耳を切り抜き、
ご飯の上に乗っけちゃえば、立派なピカチュウ!

海苔と人参などで表情を作れば、簡単に出来ます!

まっくろくろすけ

トトロのキャラ。とにかく丸くおにぎりを作って、
海苔でご飯が見えないように、包んでしまえばOK!

チーズを丸くカットして、その上に丸い海苔をのせれば、
目が出来るので、それを真っ黒なおにぎりに。
ほらね!簡単でしょ?

キャラ弁の色ってどうやって出してるの?


キャラによっては、ちょっと無理そうな色って、
ありますよね?

一般的には、食用色素を使うのが一番手っ取り早い!
と思います。

ですが、最近は、混ぜ込みタイプのふりかけの種類が、
すごく増えているので、それらを使うのも手です!

青っぽい色合いが一番難しいと思うのですが、
紫芋をペースト状にしたものに、卵を加えると、
ポリフェノール反応により、赤紫が紫に。

これらをうまく使って、色合い作り、頑張ってくださいね!

キャラ弁は当たり前?



9006bcd7a2100e1668e2c8f534978314_l-300x199


幼稚園や学校でのお弁当。
給食のところもありますが、私立などの、
教育熱心な幼稚園ほどお弁当率は高いようですね。

そこで、みなさんがどうされているのか、調べてみると、
その幼稚園によって、大きく違うようです。

お受験幼稚園、教育熱心な幼稚園はキャラ弁率が高く、
働いているママが多い幼稚園は、キャラ弁率が低いです。

毎日のキャラ弁となると、けっこう大変な朝だと、
思うので、幼稚園選びのポイントにもなりそうですね!


子供の反応は?


私個人的にも、世間的にも、喜んでくれるのは、
小学校低学年くらいまでです。

でも、幼稚園くらいのお子さんたちにとっては、
自分が、好きなキャラが、お弁当に入ってる!
それだけで食欲倍増!しちゃう子も多いようです。

多少嫌いなものでも、キャラになっているのであれば、
食べてくれるハズ!それに、お子さんも一緒に作ったら、
嬉しさもアップ!するかもですね!

女の子だったら、中学生になっても、ある程度は、
喜んでくれるかも?しれませんが、中学生になると、
内容を考える必要が、ありますね。

いつまでも、アンパンマンという訳にはいかないようです。

ちなみに、私が人生で一度だけ作ったキャラ弁は、
つい2か月ほど前のこと。
画像の「くまモン」だったのですが・・・


aeafb922-s-225x300

中学2年生と中学1年生の息子二人は、お昼休み、
クラス中がお弁当を見に来て、大変なことに、
なったそうです。

耳を食べようとすると、「可哀相!」とか、
「写メ撮りたい!」などなど言われて、なかなか、
食べ終われなかったそうです。

それで「もう二度としないで!」と拒否られました
ちなみに、主人にも同じものを持たせましたが、
こちらも、「弁当のふたで隠しながら食べた」そうです。

私個人的には、チャレンジしてみたいものが、
たくさんあるんですけどねぇ。

というわけで、毎日キャラ弁は大変ですし、
お子さんの要求度も上がってきます。

そのキャラに見えるか、見えないか?の完成度も、
かなり要求されるようになります。

ですから、年に数回、イベントの時だけなどに、
されると気分的にも楽かもですね!

楽しいお弁当ですから、いやいや作るということの、
ないように。
楽しんで作ってあげてください!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ