スポンサードリンク

長男と同居しない?する?親の立場からのホンネとは!

子供の幸せを願い、成長していくこと
それが、子育ての楽しみだと思います。

成人し、結婚をし、子供を持つこと。
その過程を、嬉しく思うのも親だからこそ

hands-598145_640-300x249
私は、長男の結婚で考えさせられたことがあります。
将来、息子と同居したいか?ということです。

世間一般では、長男と同居することが
自然な流れなのだと、感じています。

古くからの考えで、長男が後継となっています。
家や土地はもちろん、先祖代々の墓を守ることが
長男としての、責任であると言われています。

土地などの、財産の継承の代償として
親の面倒を見ること、それも条件のひとつです。

そういった、日本の古くからの習慣があり
今でも、長男は跡取りという考えが一般的です。

長男と、暮らすのが当然!
でも、それは親としてのホンネなのでしょうか?


スポンサードリンク





長男の嫁の気持ち?母の私も同じ長男の嫁


一昔前なら、結婚は嫁ぎ先に入り
嫁としての、務めを果たすのがあたりまえ。

その、あたりまえが、私の嫁いだ時代は
薄れてきた頃、だった気がします。

しかし、嫁ぎ先は、古いしきたりに縛られ
厳しい姑の指導に、息苦しい思いをしました。

事あるごとに、長男の嫁としての自覚を求められ
頑張っても、しょせん嫁は他人のような
そんな日々を、過ごしていきました。

長男の結婚の時、今ではなく将来的に
同居するか、しないのかの話になりました。

model-594530_640-300x199

私は、長男の嫁を迎え入れることに
抵抗がある、不思議な感覚をおぼえました。

息子と結婚する嫁は、私と同じ長男の嫁
彼女もまた、私と同じ思いをするのでしょうか?

息子の嫁が嫌い?同居したくないホントの理由


特別、嫁が嫌いなわけではありません。
逆に、いい娘と結婚してくれたと思っています。

同居したくないのには、理由があります。
私と同じ思いを、させたくない!!

息子以外にも、娘もいます。
娘にも、嫁として辛い思いをして欲しくない・・・

一見、仲良く見えても、遠慮があったり
嫁と姑は、顔色をうかがってしまうと思います。
少しの言い違いが、誤解を招くことも・・・

私自身、嫁としての立場で苦労した日々。
これからの人生、嫁に気をつかう日々を
過ごすことは、負担に感じてしまいます。

長男に望むこと!理想の同居相手は?


長男に望むことは、夫となり父となり
自分自身の家庭を、しっかり守ること。

主人も同居を、特別望んでいるわけではなく
自立してほしいと、私と同じ考えです。

金銭的な援助は、願う日がくるかもしれません。
でも、援助もあたりまえだとは思っていません、

今の世の中、不景気といわれています。
若い世代は、自分たちの生活でいっぱいいっぱい
将来への不安が、まだまだあると思います。

親世代の私たちも、自分のチカラで
将来を見据えなくてはと、感じています。

まだ私たち夫婦は、若く介護を必要としていません。
将来、同居を望むなら、理想は娘だと思っています。

嫁より娘?穏やかな老後を願う気持ち


嫁姑が、本当の意味で仲良く暮らすのは
とても、難しいことだと思います。
少し距離感があるほうが、上手くいく気がします。

嫁にストレスがなく、笑顔で子育てを楽しみ
長男との関係が、良好であれば
他に、望むことはないと、私は思っています。

mother-84628_640-300x199

結婚後は、娘にも同じように
少ないストレスで、過ごして欲しいと願います。

老後の完全介護は、娘への負担もありますし
体が動かなくなったときは、ホームにでも・・・

娘との同居を望むのは、穏やかな暮らし
やはり、夫婦ふたりは、寂しい気がします。

元気なうちは、子や孫に囲まれ
楽しく過ごしたいものです。

少し、手伝いが必要なときがきて
例えば、着替えなど、娘の方が気が楽です。

ケンカをした時も、誤解をとくことも
育てた娘の方が、修復が早いと感じています。

長男と同居しない?自然な流れのままに


いろいろ書いてきましたが、まだ私は若く
夫婦が、ふたりっきりの生活でもありません。

娘と同居することが、実現するのかも
長男と、同居しないことも
あるのか?ないのか?それすらわかりません。

family-451358_640-300x225

ただ、結婚というものは
何が、将来あるのか、わからないもの

親の介護のため、長男は同居しないといけない。
長男の嫁は、嫁ぎ先の親の面倒をみないといけない。

決して、そのために結婚することではなく
ふたりで、新しい家族を築くものです

私の考えは、嫁として自覚が足りないのかも・・・
それでも、ひとつの親のホンネとして
受け取って、いただけたら嬉しいです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ