スポンサードリンク

部屋の片付け方法!!片付けのコツとは?

いつまでも物が捨てられず、部屋が散らかっている
という方、結構いるんじゃないかと思います。

私も、1人暮らしをしていた時は、
部屋が散らかっている事が多かったです。

片付けなきゃとは、いつも思うんですが、
なかなか行動に移せないんですよね。

088727-300x258

収納が少ないのに、物だけ増えてきて、
更に、部屋が散らかり始めたので、これでは
いけないと思い、片付けを始めました!

今では、片付ける事を習慣付けて、
奇麗な部屋をキープできていると思います。

部屋を片付ける為に、一番大切な事は、
要らない物を、捨てる事です。


そこで、物を捨てるコツと、片付けた後、
奇麗な部屋を保つ方法をご紹介します。


スポンサードリンク




要らない物は思い切って捨てる


部屋がいつも散らかっている人は、いつか着るから、
いつかまた使うから、といって色んな物を取っておく
という方が、ほとんどだと思います。

そして、更に新しい物を買ってきて、
物が溢れてしまう、というパターンではないでしょうか。
私がそうでした…。

部屋を片付けるには、まずは要らない物を
捨てる事からです。

ほとんど使っていない新品同様の物


全くと言っていいほど、使っていない品
または着ていない服は、新品同様なのに、
捨てるのはもったいない!という物。

引き出物などの頂き物も、しまいっぱなし
なっている事、多いですよね。

でも、いままで使わなかったんですよね?
それでも必要ですか?
分からないなら、すぐに使ってみましょう。

それで、気に入らなければ、必要のない物です。

リサイクルショップに売る、寄付する、
または、オークションに出すなどすれば、
捨てなくてすみます

欲しい人に使ってもらえるなら、
その方が良いですよね。

高価な物


高かったから、なかなか捨てられない、
という物でも、使わなければ、意味が
ありません。

使わないで、ずっとしまっておくより、
リサイクルショップに持って行きましょう。

思い出の品


収納スペースに限りがあると分かっていても、
思い出の品は、取っておきたいですよね。

そんな時、思い出の品をリメイクしてくれる
業者さんがいるんです。

ランドセルを小さく加工したり、洋服や着物
リメイクなど、思い出の品を、捨てずに、
別の形にして、取っておく事ができるんです。

もし、興味がある方は、「思い出の品 リメイク」
で検索してみて下さい。

子供の絵や、作品などは、写真に撮って
置いておくのが良いです。

まずは分別しよう!



048412-300x300


片付ける際には、箱を3種類用意し、
「要る」「要らない」「迷っているもの」
分類しましょう。

洋服は、1年以上着ていない物は捨てましょう。
そんなに長い間着ていないのは、自分に似合わない
または、着づらい、などの理由がほとんどです。

なので、置いておいても、また着る、
という事は、ほぼありません

雑誌も同様に、1年以上読んでいなければ、
もう読み返す事は、ないと思います。

本に関しては、何度も読み返す、自分の
好きな作家の本など、取っておきたい物は、
まとめて、ケースや本棚に収納しましょう。

捨てるかどうか、迷う物には、
○月までに使わなかったら捨てるなど、
期限を決めましょう

忘れてそのままにならないように、
カレンダーに印を付けておく事を
お勧めします。


収納方法


必要な物と、捨てる物と分けたら、要る物を
収納して行きましょう。

物や服を入れる収納がないと、部屋がちらかる
原因にもなるので、なければ、収納グッズ
購入して下さいね。

必要な物をすぐ取り出せる場所に、置くように
するのがポイントです。

いつも使う物は、カバーなどが付いていない、
オープンの棚に入れると、すぐ取り出せ、
しまいやすいので、お勧めです。

普段あまり使わない物は、収納ボックスに入れ、
にしまいましょう。

捨てるかどうか迷っている物は、
ダンボールなどにまとめて目につく場所
置きましょう。

いつも目につくと、いる物か要らない物かの
判断もしやすく、また、早く片付けたい、
という心理も働いて、決断しやすくなります。

かたづいた部屋を保つ為に


部屋をきれいに片付けても、また散らかしてしまっては、
意味がありませんよね。

きれいな部屋を保つには、物の置く場所
決め、どこに何があるのか、しっかりと
分かるようにするのが大切です。

片付いた部屋を保つポイントは、

  • 使った物は、すぐに片付ける。

  • 床に物を置かない。

  • 夜寝る前に必ず片付ける

この3つです。

慣れるまでは大変かもしれませんが、
習慣付けるようにしましょう。

お部屋のテーマを決めて、そのテーマに合った、
家具や、カーテンなど、こだわりを持つと、
散らかすのが嫌になり、片付けるようになります。

いかがでしたでしょうか?

片付いた部屋にいると、気持ちも
スッキリしますよね。

慣れるまでは、意識して、片付けを
習慣にして下さいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ