スポンサードリンク

転勤が決まった!単身赴任を選ぶか?家族でついて行くか?

会社勤めをしている方は、多かれ少なかれ
転勤するかも知れない確率は、ありますよね。

本社以外で働いていると、いつ本社勤務を
命じられるかもしれないです。

091096
独身なら、ある程度自由は効きますが、妻帯者で、しかも子供がいる場合には、悩み物です。

というのも、従妹から同じような事を相談されました。

彼は、家を購入して1年目、子供も未就学の男の子が一人いる状態です。

どうすれば良いのか、よく話し合ってみました。

家族の形は千差万別と言いますので
「コレが答えだ!」と言うのは無いのでしょうが
一番良い考え方をしたいですよね。


スポンサードリンク





例えば単身赴任なら?

私の先輩や同僚で、同じような境遇だった人が居ます。
その人の事を参考にしてみましょう。

持家ではなかったのですが、子供がまだ小さく
手のかかる子だったのですが、

子供の友達など関係から、単身赴任を選んだ人が居ます。

その人の家庭では、どの様な事が起こったかというと
最初のうちは、頻繁に帰ってきていましたが

その内、激務という事もあって、帰ってくる頻度が
少なくなってきました。

その結果、子供は父親になつかず、どんどん
距離が出来てしまいました。

それでも、一年くらいの間は、奥さんとは
何とかうまくやっていたそうです。

ただ、一年が過ぎ、連絡を取る回数が減ってくると
奥さんは、育児疲れのストレスのはけ口が無く
ふさぎ込むようになってきました。

そして、夫の浮気を勘ぐり始めたのです。
そうなると、もう、打つ手は無くなってきました。

一時間に一回の割合で、奥さんからの電話がある状態
疲れて寝ていると、気付かないと、その後の電話で
ののしる様な電話になったそうです。

そして、二年目になったところで、離婚をしてしまいました

つまり、夫だけの単身赴任の場合、生活費には困らないものの
心構えとしては、ひとり親として、育児が出来るかどうかも
大きな問題点になるようです。

確かに、妻側の両親や友達などが、ちゃんと手助けを出来る状態で
連絡も、一定の間隔で行って、上手く行っている家族も
居る事はいます。

でも、この部分の事は、十分考慮する必要がありそうですね

では、家族で引っ越しをした先輩の話を
見て行く事としましょう。

家族で引っ越しをした場合

家族で引っ越しをするのは、移った先での
環境が問題になるようです。

持家を建てたばかりで、転勤となった先輩の話です。
家を建てて、これからって時に転勤になりました。

夫婦ともに、生まれ育った地元を離れる事になるので
非常に悩んだそうです。
a1180_009331
その先輩は、建てた家を借家にして、住宅ローンの返済に充てて、一家で移転先に移る事としました。

移った当初は、周りに友達も居なく奥さんもふさぎがちで、子供も馴染めない状況だったそうです。

ただ、一日に、かならず夫婦の時間が持てる事
子供との時間も持てる事が大きかったようです。

次第に、移り住んだ場所でも、奥さんにも
子供にも友人が出来、父親との関係も
上手く行ったそうです。

10年以上経っていますが、未だに夫婦円満で
子供との関係も良い物がきづけているそうです。

あと10年程で、定年になりますので、定年になったら
地元に帰って、持ち家でゆっくり過ごす事を
夢見ているとか。

全ての家族が、この様になるとは限りませんが
一家で移転をすると、上手く行くケースが多いようです。

最終的に?

これらの事を踏まえて、従妹夫婦とも話し合ったのですが
今回は、一家で引っ越す事にしたそうです。

子供は、就学前という事で、環境への順応性は高いだろうし
友達も作る事が出来るだろうという事と

奥さんも、何かしらの問題があった時にも
直ぐに夫である従妹と話し合えるという事で
引っ越しする事を決意しました。

ただ、子供が思春期だったら、話は変わっていたかも
知れないです。

ある程度大きくなると、転校先でいじめなどもありますからね。
それに、ある程度大きくなれば、お互いに

理解し合える部分もあると思うので、
単身赴任にしても良いのかもしれないですね。

先ずは、

・子供が移転先で上手くやっていける可能性が高いか?
・奥さんが、頼れる存在が周りにいるのか?


この2点を軸に考えると、良いと思います。

まぁ、これを考慮して選んだプランでも、人生
上手く行く事ばかりではないので、絶対!
という事は無いのでしょうけど・・・

それより先に、会社の人事を決める場合には
出来るだけ、社員の状況を考えて、決めて欲しいですね!

宜しくお願いしますよ!
人事部長!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ