スポンサードリンク

扶養家族になる条件は?収入との関係!

今年から、下の子供が小学生になります。

そこで、そろそろ仕事を始めようかと思うのですが、
気になることがあります。

私は現在、主人の会社の健康保険の扶養家族です。

知りたいのは、扶養の範囲内で仕事をしたいときは、
どのくらいの収入なら良いのか、ということです。

calculator-385506_1280-300x176

103万円と130万円の違いというのを、
よく耳にします。

仕事を始める前に、詳しく知っておきたいので、
気になることを調べました。


スポンサードリンク





扶養家族の収入の条件


扶養家族には、健康保険と所得税の、2つの種類が
あります。

この2種類の扶養家族は、全く別のものです。

健康保険の扶養家族は、会社などで加入している、
社会保険の扶養家族です。

社会保険の扶養家族は、保険料を負担せずに、
健康保険が適用されます。
被保険者も、控除を受けることができます。

そして、所得税の扶養家族は、納税者から
経済的援助を受けているので、納税者の
税金の負担が、軽くなります。

それぞれで、収入の条件が違いますので、
詳しく説明します。

健康保険での扶養家族の条件


  • 被保険者と生計を一にしている、3親等以内
    親族であること。

    1. 被保険者の子供、孫、父母、祖父母、弟妹、
      曾祖父母。(同居していなくてもよい。)
    2. 被保険者の配偶者の父母、祖父母、
      曾祖父母、被保険者の兄姉など。
      (同居していること。)
  • 年間の収入が130万円未満(60歳以上または、
    障害者は、180万円未満)で、
    被保険者の年収の、1/2未満であること。

    この場合の収入とは、過去の収入は関係なく
    被扶養者になる時点での、年間の見込み収入です。

    給料の場合は、 月額108,333円以下です。
    (60歳以上または、障害者は150,000以下。)

    年間の収入の見込みは、連続3か月の収入
    参考にするので、この給料の額を、3か月連続で
    超えていなければ、大丈夫です。

    給料以外で、収入とみなされるものは、
    以下のものです。

    1. 各種年金
    2. 恩給収入
    3. 事業収入(自営業、農業、漁業など。)
    4. 不動産収入、利子収入、投資収入など。
    5. 雇用保険からの給付金(失業手当,傷病手当)、
      健康保険からの傷病手当や出産手当金など。)
    6. 被保険者以外からの仕送り。
    7. その他、継続性のある収入。

    もし、年間の収入が130万円を超えてしまったら、
    扶養家族から外れ、国民健康保険などに
    加入する必要があるので、注意してください。
  • 後期高齢者ではないこと。

    後期高齢者とは、75歳以上の高齢者のことです。

    75歳になると (または65歳~74歳の障害者は) 、
    自動的に後期高齢者医療制度という、
    独立した医療制度に加入します。

    そのときは、在職中であっても、社会保険の
    被保険者の資格を失います
    被扶養者だった場合も、その資格を失います。

    その場合は、社会保険組合での手続きが
    必要になります。

所得税での扶養家族の条件


  • 納税者と生計を一にしている、配偶者以外の
    6親等以内の血族、または3親等以内の姻族。

    配偶者は、配偶者控除というものがあるため、
    扶養家族には入りません。
  • 年間の合計所得額が、38万円未満であること。

    合計所得とは、収入額ではありません。
    収入額から給与所得控除という、必要経費を
    差し引いた金額で
    す。

    パート・アルバイトの場合は、最低65万円
    給与所得控除額になっています。

    収入額が103万円未満なら、そこから
    給与所得控除額を差し引くと、所得額は
    38万円未満となります。
  • 年金の所得額が38万円未満であること。

    年金受給者の場合、公的年金等控除額というものが
    あり、65歳以上か65歳未満かで異なります。

    公的年金等控除額は、65歳以上は120万円
    65歳未満は70万円です。

    年間の所得額が38万円未満になるのは、
    年金の収入が、65歳以上は158万円未満、
    65歳未満は、108万円未満の場合になります。

    上記に当てはまる年金受給者で、納税者が
    経済的援助をしていれば、扶養家族の対象です。

まとめ


健康保険と所得税での、扶養家族の条件が、
大きく違う
のは、調べてみて初めて知りました。

103万円と130万円の違いも、わかって良かったです。

今回わかったのは、私は主人の配偶者なので、
所得税法上では、扶養家族ではなく、
配偶者控除の対象者ということです。

money-549161_1280-300x199

社会保険では、扶養家族になりますので、
扶養家族の範囲で仕事をしてみようと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ