スポンサードリンク

子供のお金の管理方法?身に着けさせる3つのコツ

お金の管理は、一生ついてまわるもの。
お金の大切さや、モノの大切さを子どものうちに
理解することは、とても大事なことです。

親としては、子どものうちに、しっかりとした
金銭感覚を、身につけさせたいですよね。

子どもにお金の管理を身につけさせる、
よい方法は、ないのでしょうか?

私自身、子どもには、
お金の大切さや管理の方法について、
小学生の頃から、教えてきました。

そのおかげで子どもは、大人になってからも、
貯金をきちんと積み立てたり、
その反面、旅行では思い切って散財するなど、

メリハリのある、いいお金の使い方が、
できるようになりました。

ここでは、私が実際にして役立ったと思う、
子どものお金の管理方法を、ご紹介します。


スポンサードリンク






お金の管理を身につける方法

私の経験をもとに、誰でも簡単にはじめられる、
子どものお金の管理方法を、3つご紹介します!

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s-300x200

毎月決まったお小遣いをあげる

毎月決まったお小遣いをあげて、
その中でやりくりする習慣をつけることは、
とても大切なことです。

ちょこちょこお菓子を買って散財すれば、
お小遣いは、すぐに無くなってしまいます。

欲しいものが高額なら、
お小遣いを貯めて、買えることを学べます。

私は、子どもが小学生の頃は、
毎月500円、お小遣いを渡していました。

子どもは本が好きだったので、
お菓子を買うのを我慢して、
毎月一冊、本や雑誌を買っていました。

欲しいものを買うために、他を我慢する
という経験を、子どもの頃にすることは、
とても大切なことだと、思います。

お小遣い帳をつける

お小遣い帳をつけることで、
何にどのくらいお金を使ったか、
振り返ることが、できるようになります。

「先月はお菓子やジュースを買いすぎたから、
今月は少なめにして、文房具を買おう」

というように、先月のお金の使い方について
反省したり、今後のお金の使い道の計画
たてるのに、役立ちますよね。

子どもの頃に、お小遣い帳をつけた習慣は、
そのまま、大人になってからの、
家計簿をつける習慣にも、なります。

「自分が、何にどの位お金を使っているか」
把握することは、大人になってからも、
とても大切なことですよね。

預金通帳を管理する

私は、子どもが小学生の頃から、
子ども名義の預金通帳を、渡していました。

お年玉などのまとまったお金は、貯金しておけば、
欲しいものが高額で、お小遣いでは足りない時に
使えるということを、学べます。

「今欲しいものがあっても、我慢して貯金すれば、
次欲しいものができた時に、買うことができる」
ということを、理解できますよね。

反対に、欲しいものばかりを次々に買って、
全然貯金をしなければ、預金残高は増えず、
急な出費に対応できないことも、学べます。

2175e9675fc8093ab604ead8c4785a5d_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、私が実際にして役立ったと思う、
子どものお金の管理方法を、ご紹介しました。

お金は、浪費しすぎても駄目だし、
節約しすぎるのも、考えものです。

子どもには、バランスのいいお金の使い方を、
身につけてもらいたいですよね。

オススメなのは、親も子どもと一緒に、
お小遣い帳をつけたり、預金通帳を見ながら、
お金の管理について、考えることです。

「欲しいものがあるなら、少し我慢して、
お金を貯めてみるのはどうかな?」

「お小遣いを使わないで貯めていたから、
○○が買えたね、よく頑張ったね!

など、子どものお金の使い道や管理の方法に
ついて、アドバイスをしながら、
一緒に考えていけたら、いいですよね。

他にも、様々な方法があると思いますが、
今回、ご紹介した方法を参考に、
子どものお金の管理を、実践してみて下さいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ