スポンサードリンク

医療費!保険での負担割合とは?

パート先での、主婦の雑談は、果てしない
ブラックホールのように、話題が広がります。

hand-drawn-bubble-speech-set_23-2147494778-300x271

「うちの子の医療費、ついに3割上がりました。」
と、話し始めた20代後半の、若いママ。

それを聞いた小学生のママ達が「うんうん。」
と、頷く横で、50代後半の大先輩が一言。

「そうそう、医療費負担割合って、上がって、
下がって、下がって、だから。」

義両親と同居する大先輩によると、医療費は、
年齢によって、負担割合が異なるとのこと。

医療費の負担割合の違い、知らないとやっぱり
恥ずかしい!

とことん調べてみましたよ!


スポンサードリンク





子供の医療費の負担割合とは?


私には、中学生と小学生の子供がいます。
私の親世代は、60代〜70代前半

思い返すと、我が子達は、小学校に入学する
までは、本当によく病院にお世話になりました。

happy-family-vector-silhouette_23-2147496017-300x282

アレルギーやぜんそくがあったので、 定期的に
薬を処方してもらうため、通う事もありました。

そういえば、パート先の話題に上った、子供の
医療費が上がった、という話。

確か、中学生の娘が乳幼児の頃、病院の窓口
支払う医療費の負担割合は、

3歳まで2割3歳になる3割でした。

しかし平成20年に、少子化対策として、
医療費の負担割合が変わりました。

平成20年4月〜、子供の医療費の負担割合が、
小学校に入学する前までは、2割となりました。

平成13年生まれの娘は、当時7歳
ちょっと遅かった・・・と、残念に思った事を
思い出します。

しかし、我が家にはもう一人の子供がいます。
平成18年生まれの息子です。

この子は、3歳過ぎても医療費の負担割合が
2割のままで、小学校入学まで続きました。

職場の先輩方が、よく言っていた、
「小学校に上がると、体も丈夫になってくる!」

本当に、しみじみ実感しました。
2割負担のまま、6年間を過ごせたのは、精神的・
家計的にも、非常に助かりました。

では、6歳以降はどうなるのでしょうか?

6歳からの負担割合とは?


病院の窓口で支払う医療費の負担割合、
年齢や収入によって、区分がされています。

  • 小学校入学前まで : 2割
    *6歳になって、最初の3月31日まで
  • 6歳以上70歳未満 : 3割
  • 70歳以上74歳まで : 所得により2割(一部1割)・3割
  • 75歳以上 : 所得により1割3割

6歳までの負担割合は、先に触れたように、
条件は年齢に関することだけです。

同じように、6歳以上70歳未満についても、
負担割合は3割、と決まっています。

しかし、70歳以上74歳までの場合は、所得により
負担割合が変わってきます。

70歳以上74歳までの負担割合とは?


平成26年3月まで、現役並みの収入のある人を
除き、基本的に1割の負担割合でした。

現役並みの収入のある人とは、標準報酬が
月収28万円以上ある人のことを言います。

その本人と、被扶養者が対象で、負担割合は
3割になります。

しかし、平成26年4月以降、負担割合が条件により
3割・2割・1割となりました。


■ 3割負担の基準
標準報酬が、月収28万円以上の、本人と被扶養者

しかし申請すると、2割軽減されるのは、

  • 単身者で、年収383万円未満
  • 2人以上の世帯で、年収250万円未満
現役並みの収入のある人については、以前と
変わらず3割負担のまま。


■ 2割負担の基準
現役並みの収入のあるとされる、3割負担の
以外の人

ただし、誕生日の関係などで1割になる人も。


■ 1割負担の基準
  • 昭和19年4月1日以前生まれの人
  • 69歳までに1割負担だった人

では、さらに75歳以上になると、負担割合は
どうなるのでしょうか?

75歳以上の負担割合とは?


75歳以上であっても、現役並みの収入のある
とされる人については、3割負担のまま。

この基準は、74歳までのものと同じです。

そして、この3割負担以外の人については、
1割負担となります。

fufu_roujin-300x289

このように医療費の負担割合が 、年齢や収入
によって変わってきます。

私自身も、子供の医療費の負担割合について、
2割だったり、3割だったり、混乱してました。

一度、条件を整理してみると、自分の負担割合
わかりやすくなりますね。

私の親世代も、もうすぐ70代後半に。

負担割合が1割に下がる、と言っても、やっぱり
健康でいてほしいですね♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ