スポンサードリンク

ノートで家計簿!つけ方がシンプルだから長続き♪

実は私、家計簿なるものを付けていません。

3e567ae4bf2fbf30229cc9f7742c9406_s-300x167

一家の家計を管理できていないようで、
正直なところ、多少の引け目も感じてます。

でも、どうしても続かないんです!

過去に、家計簿を買い気持ちを入れ直して
チャレンジしたものの、ギブアップ

言い訳しますが、学生時代のノートだって、
キレイに書きたい派で、やろうと思ったら
きっちりやりたい!はずなんです・・・。

その反面、忙しくて後回しにしてしまうと、
どうにもヤル気が失せてしまいます。

友人に言わせれば、
「そりゃ、家計簿って構え過ぎてて、完璧に
数字を埋めようとするからだよ。」と。

むむっ、どういうこと?!

既成の家計簿を使わずに、普通のノートで
家計管理を気楽に続けられる!


おすすめの方法を教えてもらったので、
早速紹介しますね♪


スポンサードリンク






つまりは管理できればいい!


市販の家計簿は、あらゆる人に対して
対応できるような項目が記されています。

万能だからこそ、しっかり書きたい派には
律儀に書き入れたい衝動にかられますよね。

家計を管理したい気持ちよりも、家計簿を
しっかり書き入れる義務感の方が大きくなって
しまいがちです。

でも、家計簿の本当の目的とは、自分なりに
家計を把握していくことなんですよね。

483e41dcb9281d8b953f532d8d46638d_s-300x200

自分に必要なことだけで、十分なんです。

自分らしく、自由な家計簿を付けたいなら
至って普通のノートを使う、これがポイント
なんですよ。

規格にとらわれずに、アレンジもできる、
走り書きだって、別に気にしなくていい!

ノートで家計簿の書き方を、もっと詳しく
見ていきましょうね。

まずは固定費を抜き出す!


家計簿を付ける上で、1ヶ月に必ずかかる
経費(固定費)を書き出してみましょう。

1ヶ月にかかる固定費の合計から、予算
組んでいきますよ。

よくある固定費の例は、
家賃
住宅ローン
水道代
電気代
ガス代
電話代
新聞代 など

私の場合は、特に仕訳をせず、単刀直入に
考えてしまいます。

子供の学校の給食費などの引き落とし分や
習い事の月謝も、月々変動がないので
同じように固定費にしています。

それから、積み立てとか生命保険料とかも
同じように考えておきます。

この手の固定費は、銀行引き落としになって
いることが多いですよね。

固定費に関しては、家計簿をつけていなくても
通帳を見れば、収支は管理できてます。

引き落としに関しては、実はどれだけの
金額を銀行に残しておくべきか、自分なりに
考えているものなんです。

しかし、毎月通帳の残高を確認しながら、
ギリギリの線で入出金するよりも、ある程度の
予算は数字として残しておきたいですよね。

そのためにも、1年分の固定費をチェックし、
1ヶ月の平均を割り出しておきましょう。

1467624940333-168x300

光熱費などは、季節によって変動があることを
念頭に入れ、毎月同じだけ入金しておきます。

1年間通して、引き落としができるように、
残高を引き出すことはしませんよ。

ノートの1ページ目には、過去1年間の固定費を
にして、平均額を書いておきましょう。

現金のやり繰り=家計簿で管理


固定費が確認できたら、収入から固定費
引いた金額が、手持ちで管理するお金です。

ここからは、通帳には記帳されないので
家計簿として書かないといけませんよね。

収入-固定費=1ヶ月の生活費

と、なりますが、ここから予備費を引きます。

予備費を作っておかないと、気持ちに余裕
生まれなくなりますから。

予備費をいくらにするのかは、家庭それぞれ
ですが、目安は大体5,000円ぐらいで。

現金の中で、1ヶ月に使えるのは、
収入-固定費-予備費=1ヶ月の生活費

としておきます。

しかし、1ヶ月に使えるお金として考えると
金額も大きく、ゴールまでが長いんです。

できるだけ、使える金額を数日分ごとに分け
予算を決めると、目標を達成する気持ちも
生まれますよ。

この日数がポイントで、1ヶ月を8日で区切り
予算を立てると、やり繰りしやすくなります。

例えば、予備費を引いた生活費が80,000円
1ヶ月を8日で、1クールにします。

1~8日 20,000円
9~16日 20,000円
17~24日 20,000円
25~31日 20,000円
(最後のクールは、7日間になります。)

これで、8日間の予算は決定です。
では、次は実践編です♪

実践してみるとこうなる!


家計簿の項目の仕訳をどこまでやるかは、
人それぞれです。

年間通して、家計の分析をしたいなど、
目的があるなら、項目を作って書きましょう。

しかし、今回は一番簡単な家計簿を付ける
方法を紹介しますね。

8日ごとの予算を決めたら、買った日にちと
金額を記入し、レシートを貼り付けます。

8日ごとに、収支を計算しておきます。
至ってシンプルですね。

あまりにシンプルなので、買ったものの
内訳を書いておいてもいいですね。

1467624918236-168x300
レシートがあれば、買ったものの内訳は
わかるので、自分なりの方法でいいと思います。

まとめ


今まで、私、何をしたかったんだろう?

家計簿を目の前にして、数字を埋めることに
闘志を燃やしていたように思います。

友人のおかげで、簡単に家計を管理することが
わかりました。

何だか肩の荷が下りたよう。

一番は、予算内でやり繰りすることです。
これなら続けていけそうです♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ