スポンサードリンク

神社での服装マナー!これを読めばバッチリ!

お正月の初詣や、結婚式の神前式など、
人生の節目に縁があるのが、神社という場所。

53f5a0e91c1d89c2122de6ad963d5769_s-300x199

神社という神聖な場所に行って、
参拝やお参りをするだけで、なんだか、
ご利益がありそうな、気がしますよね。

でも、ちょっと待ってください!
神社での服装にも、マナーがあることをご存知ですか?

何も知らずに、失礼な服装で行くと、
神様に失礼で、ご利益も半減してしまいそうですよね。

私も若い頃は、ミニスカートやショートパンツなど、
ラフな服装で参拝していたので、あれはよかったのか、
今更気になってきました。

ここでは、これを読めばバッチリな、
神社での服装マナー
について、ご紹介します。


スポンサードリンク





避けたほうが良い服装

神社を参拝するのに、避けたほうが良い
服装があります。

いくつか、具体的なアイテムがありますので、
ご紹介します。

ジーンズはNG

ファッションアイテムとして、若者を中心に人気の
ジーンズですが、本来は作業着のため、
神社への参拝には、不適です。

ジーンズ以外にも、ダメージ加工を施した服や、
アーミーなカモフラ柄、奇抜なプリントの服なども、
避けたほうがよいでしょう。

露出が多い服はNG

ミニスカートやショートパンツ、タンクトップや
オフショルダー、キャミソールなどの、
露出が多い服や、セクシーな服NGです。

この他にも、ラメやビジューがたくさん付いた
華美な服装も、避けたほうが無難です。

服だけでなく、バッグや靴などの小物にも、
注意しましょう。

サンダルはNG

見落としがちなのが、足元です。
たとえ、夏の暑い日の参拝だからといって、
サンダルを履いていくのは、絶対NGです。

女性の場合も、ミュールなどのかかとがない
ラフな靴は、できるだけ避けましょう。
ヒールのある靴が、参拝にはふさわしいです。

参拝にふさわしい服装

前章で、避けたほうがよい服装については、
おわかりいただけたと、思います。

では、神社を参拝するのに、ふさわしい服装とは、
具体的には、どのようなものでしょうか?
男女別にわけて、詳しくご紹介します。

男性の服装

男性の場合はスーツネクタイは必須、
シャツも白などの、シンプルなものが望ましいです。

スーツの色も、黒や紺などの、かしこまった色を
選びましょう。グレーはカジュアルなのでNGです。

ネクタイの色に、決まりはありませんが、
シャツの色と同様、あまり派手な色はNGです。
足元は革靴にします。色は黒が良いでしょう。

女性の服装

女性の場合も、スーツ冠婚葬祭向けの服が、
望ましいでしょう。

落ち着いた色のワンピースでもいいですが、
スカートの丈が短すぎないか、注意しましょう。

靴も黒のヒール靴で、ハイヒールは危険なので、
ローヒールのものを、選びましょう。

着物が正装とは限らない

着物があるから、それを着ていけば大丈夫」
そう思っていませんか?

実は、意外な落とし穴ですが、必ずしも、
着物が正装とは、限らないのです。

着物で正装と認められるのは、男女ともに
紋付き」のものだけで、たとえ着物でも、
訪問着などは、正装ではない場合もあります。

e9b8f65c31329dd7680a5c472a211c65_s-200x300

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、これを読めばバッチリな、
神社での服装マナーについて、ご紹介しました。

ご紹介した「ふさわしい服装」は、
神前式特別参拝などの、格式高い場面に
限ってのことであって、

普段の氏神様への参拝では、そこまで厳密に、
服装を気にする必要は、ありません。

とはいえ、先に述べた、ジーンズなどの
NGな服装だけは、避けるようにしましょう。

これで、神社での服装マナーはバッチリなので、
安心して、参拝することができますね!

私も、次回参拝する時は、服装マナーを守って、
神様に失礼のないように、したいと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ