スポンサードリンク

子連れ結婚式のマナー!気をつけるポイントは?

子連れで出席する結婚式は、
子供が泣いたり、騒いだりしないか、心配ですよね。

私も先日、子連れで結婚式に出席してきました。
どうなることかドキドキでしたが、無事終わって、
ホッとしています。

子供がいる場合の、結婚式のマナーとしては、
子供は預けて出席する」のが、一番良いことは
もちろんわかっていましたが、

私の場合、夫婦で招待されていたのと、
両親・義両親ともに、遠方に住んでいて、
子供を預けられる人が、いませんでした。

同じような状況で、仕方なく子連れで結婚式に
出席される方も、多いと思います。

「新郎新婦やご親族に、迷惑を掛けないだろうか」
と、気を遣いますよね。

ここでは、子連れ結婚式のマナーで、
気をつけるポイント
について、
自分自身の経験をもとに、ご紹介します。


スポンサードリンク





子連れ結婚式のマナー

子供の荷物をしっかり準備する

普段のお出かけと同様、子供の荷物はしっかり
準備して、持って行きましょう。

着替えやオムツ、おしりふきはもちろん、
食事用のエプロンや、ウェットティッシュも、
あると重宝します。

子供のお気に入りの、おもちゃやゲーム機、
お菓子や飲み物も、持参すると良いでしょう。

子供の服装は、お出かけ用のワンピースなど、
フォーマルな雰囲気にします。普段着はNGです。

授乳室やオムツ交換台の場所を確認する

もし授乳中だったり、オムツをしている場合は、
授乳室やオムツ交換台の場所を、
事前に確認しておきましょう。

結婚式場のホームページに載っている場合が
多いのですが、もし載っていなければ、
電話で問い合わせれば、教えてもらえます。

ミルクを飲ませる場合は、ミルクを作る場所や
お湯を用意してもらえる場合も、あります。

授乳やオムツ交換のタイミングは、突然訪れる
ものです。あらかじめ場所を確認しておくことで、
心に余裕が生まれるので、オススメです!

いつでも退席する心構えで

結婚披露宴は2時間30分~3時間ほどの長丁場
大人は楽しめるスピーチや余興なども、
子供にとっては、退屈なものです。

子供がグズってしまうことは、仕方ないと割り切って、
楽しい披露宴の最中でも、子供に合わせて、
いつでも退席する、心構えでいましょう。

私の場合は、披露宴中に退席しなくて済むように、
「式と披露宴の間に授乳をしよう」と考えて
いましたが、実際はタイミングを逃してしまい、

結局、披露宴の真っ最中に退席して、授乳をしたので、
授乳から戻ったら、余興が終わっていました。
なかなか、思い通りにいかないものですね!

f7a26064cc08265e033258a00bd9573f_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、子連れ結婚式のマナーで、
気をつけるポイントについて、ご紹介しました。

新郎新婦にも、子供が騒ぐかもしれない、
席をはずすことがあるかもしれないことを、
あらかじめ伝えておきましょう。

式への出席は、席をはずせないので、
よく考えてから、出席するようにしましょう。

子供が騒いだり、席をはずすことが多かったら、
最後、新郎新婦ご両親に、
一言お詫びの言葉を、伝えるようにしましょう。

最近では、託児サービスのある
結婚式場も、増えているそうです。
こういったサービスを、利用するのもいいですね。

結婚式の主役は、あくまで新郎新婦
子連れで騒いで、変に目立ってしまわないように、
スマートな立ち振る舞いを、意識しましょう。

大切なのは、新郎新婦をお祝いする気持ちです。
子連れだと、何かと子供優先になりがちですが、

2人の門出をお祝いする気持ちを、
忘れないようにしましょう!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ