スポンサードリンク

パートの勤務時間が合わない!変更するには?

最近、専業主婦であった母が、“パート”を始めました。
日々の生活を楽にするため、働きに出てくれています。
今の世の中、専業主婦ではやっていけない……だそうです。

実家にはまだ、幼い弟がいるため、母は、
フルタイム(週五・八時間)では働けず、
正社員には、なれません。

また、私も同じく、一人暮らしのために
パートとして、働いています。
正社員では、自分の時間が限られてしまうからです。

パートであれば、勤務時間が比較的、
私生活と合わせやすく、母のように
小さな子供がいる家庭でも、働きに出る事が出来ます。

また、私のように、自由な生活を送りたい人にとっても
シフトの自由度が高くて、予定などを組みやすく、
パートは、とても働きやすい環境ですよね!


スポンサードリンク





しかし、私は最近になって、働き始めとは
環境が変わってしまったため、
働きづらくなった時間帯が、出てきました。

でも、私もはじめに、同意して働いてるのですから、
どうすればいいのか分からず、なかなか聞きづらくて……
無理をしている状態が続きました。

こんな風に思っているのは、私だけではありません。
まだ、幼い弟を育てている母も、同じように
変更したいシフトが、あると言っていました。

他にも、パートをしている多くの方が
同じ悩みを、抱えていませんか?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s-300x199

なので、私や母がこのとき、どのようにして
シフトを替えてもらったのか、書いていきますね!

今回のように、雇用契約の済んだ後に、
勤務時間を変更するには、どうすればいいのでしょうか?


急用で休みが欲しい


前もって、分かっていた訳ではない
突然出来た用事って、ありますよね。

母のように、パートをしている
幼い子を持つ主婦の方々の場合、

  • 子供が病気をして、預ける人が近くに居ない。
  • 子供が休日で、家に一人で残すのは心配。
  • 一生に一度の学校行事は、見届けたい。
といった、お子様に関する悩み
働くにあたって、たくさんあります。

その中でも、“幼い子供が風邪を引いた
というのは非常に多くあることです。

看てくれる人も、身近には居ない場合、
どうしても、お休みを頂くしかありません。

また、子供が居ない場合でも、
自分が体調を崩していたり、
どうしても、行きたい予定があったりしますよね。

私の場合は、そうでした(笑)
季節の変わり目には、体調を崩しやすく
シフトも、固定では厳しくなってしまいました。

そのような時は、すぐに
雇用主の方に、相談しましょう。

勤務時間ギリギリになってしまっては、
他のパートさん達にも、迷惑がかかってしまいます。
今後も続けていく職場で、それは避けたいですよね。

また、もし、その職場で
休みたい時の、替わりを見つければ、
雇用主とのやり取りは、なくてもOK

という規則ならば、速やか
他のパートの方々に、お願いしましょう。
失礼のないように、丁寧に、がポイントです。

そんな時のために、普段から
職場の方との、良好なお付き合いを心掛ければ、
急なお願いでも、快く、引き受けてもらいやすいです。

ちなみに、パートであっても
規定の基準を満たして、勤務している方は、
有給休暇を取ることが出来るのを、ご存知ですか?


有給付与の規定

有給休暇”とは、労働者が
休日を申請しても、給与額が減らない、
給料の出る休日、という制度です。

まず前提として、次のことを
満たしている必要があります。

  • 雇用された日から6か月が経過していること
  • その期間、全労働日の8割以上を、出勤したこと
もし、あなたが、この規定に当てはまる
パートタイム労働者ならば、
年に、数回の有給を与えられています。

付与される有給の、日数
以下のようになります。

fe4afec02ea99d00800850806f28f5c0

有給は欠勤ではなく、お給料も入るので、
基準を満たしているのに、何も言われたことがない
という方は一度、雇用主と話し合ってみましょう。

もし、違法な雇用が見られる場合は、最寄りの
労働基準監督署(ろうどうきじゅん かんとくしょ)
に相談しましょう。

労働基準法に基づいて、労働者を守る機関です。


契約を結び直す


2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s-300x198

上記の方法で、解決できない場合、
または長期にわたって、シフトを替えたい場合は
どうしたらいいのでしょうか?

他の方に、シフトを交換してもらう
という方法もありますが、もし
それが、出来ない職場だとしたら……

再度、合意の上、雇用契約
結び直しを、行いましょう。

一方的に、交わした契約に対して、
違う雇用方法をとれば、違法となります。
これは、使用者側も同じです。

雇用方法は、必ず、両者合意のもと
書面にて、交わした契約に従ってください。

また、使用者は“その日仕事がないから”などの、
使用者側の都合により、就業日を休業日に変更する場合でも、
予定通りの給与を、支払わなくてはいけません。

そういった、休業手当を支払わなければ、
違法となってしまいますので、注意しましょう。


おわりに

いかがでしたか?
パートは、時間を調整しやすいとはいえ、
頻繁に変えていくのは、心苦しいですよね。

子供が居て、働けない時間がある、
という母はその後、他のパートさん方と相談して、
シフトを交換してもらい、解決しました。

ちなみに私は、調べてみると、
ここで挙げたように、有給を使うことが、出来ました!

実は、パートも有給があるなんて、
私は調べるまで、知りませんでした。

もしも悩んでいる方は、一度
勤務先の方に、相談してみてはいかがですか?
確かに、「変更したい」って、言い出しづらい事ですよね……

ですが、私生活・家庭よりも、仕事を優先すると
後々になって、後悔するかもしれません。
勇気を出して、出来るだけ早めに変更を申し出ましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ