スポンサードリンク

結婚式での服装のマナー!女性のドレスの色とは?

結婚式にお呼ばれした時に、服装についての
26628402-300x199
きれいに着飾って出席しても、自己満足だけの服装ではよくありませんね。

もしかして、ご招待して下さった方に、不愉快な思いをさせていたら・・・

結婚式の服装で、「恥ずかしい思いをした」
という経験談も耳にした事があります。

しっかりマナーを心得て、結婚式の服装
選びましょうね。


スポンサードリンク




結婚式での服装のマナー

結婚式にお呼ばれしたら、まずやっぱり
何を着て行こうか?を考えますよね。

結婚式に出席する際の服装にも決まった
マナーがあります。

全身が白っぽい装いはNG!

白いドレスは花嫁の色とされているので、
は絶対に避けましょう。

白に近いような色のドレスを着た場合も
全身トータルで考えて、注意が必要です。

例えば、
  • 薄いピンク
  • クリームベージュ
  • 薄いシルバーなど
全身が白っぽくならないように、ボレロなどの
羽織物・靴・バックは、明るい色や濃い色に。

しかし、結婚式では着席している事が多いので、
特に上半身が白っぽくならないようにしましょう。

例えば、淡い色のドレスにはボレロ・ストールは
はっきりした色を使うのがオススメですよ♪

全身が黒っぽい装いはNG!

黒のドレスにパールのネックレス・黒いボレロ・
黒い靴・黒いバック・・・
a1290_000029-300x196
どんな印象でしょうか?
この服装だと、まるでお葬式です。

喪服を連想させる「全身黒コーデ」も
お祝いの席には適しませんよ。

黒いドレスを着る場合は、ボレロ・ストール
明るい色や濃い色にしてみましょう。

印象がぐんと変わり、落ち着いた黒ドレスにも
鮮やかな小物で華やかさを添えることができますよ♪

また、黒一色のドレスではなく、模様や刺繍が入った
ものだと、大人の女性らしさを引き立てますよ。

露出の多い装いはNG!

昼間の結婚式では、露出の多い服装
マナー違反になります。

例えば、
  • ひざ上10cm以上のミニ丈
  • 胸の谷間を見せるようなデザイン
  • 太ももが見えるようなスリット
  • 肩が丸出し
  • ノースリーブ
目のやり場に困るようなセクシーな衣装を
着ていくのは、花婿・花嫁・親族の方に失礼です。

肩が出ているデザインを着るのであれば、
袖を通して着る「ボレロ」を羽織りましょうね。

ストールだと、ほどけて肩が出やすいので
オススメできません。

また、ボレロですが、冬場の結婚式では防寒として
着る方も多いのですが、素材にも注意です!

「ファーボレロ」は「殺生」をイメージさせるので
結婚式では着ないようにしましょう。

足元にもマナーが

何も履かない「素足」はNGです。

その他に避けなければいけないのが、
  • 黒いタイツ
  • カラータイツ
  • 網タイツです。
ドレスには、ベージュのストッキング
合わせましょう。

また靴選びにも注意しましょう。
33180805_480x312-300x195
  • ブーツ
  • カジュアルなサンダル
  • 爪先・かかとの見えるミュール
は、マナー違反ですよ。

ヒールが5cm以上のパンプスで、太いヒール
よりも、細いヒールの物を履きましょう。

結婚式に着ていくドレスのオススメの色

世代を超えて、特に人気のある結婚式に着ていく
ドレスの色を紹介しますね。

■ネイビー(紺)
上品で年代を選ばない人気の色です。

知的な印象と濃い色合いが、大人の女性としての
落ち着き感を演出してくれます。
  • 20代では、若々しさの中にも爽やかさを
  • 30代では、可愛さだけではなく知的さを
  • 40代では、経験や立場などの落ち着き感を
全ての女性にオススメのカラーですよ♪

■ピンク
女性らしいフェミニンで柔らかな印象
与える人気の色です。
  • 20代では、発色の美しいクランベリーピンクを
  • 30代では、肌になじむベージュピンクを
  • 40代では、ほんのり上品な桜ピンクを
年代それぞれの女性らしさを引き立てる
ピンクがありますよ♪

■ベージュ
肌を明るく見せてくれる人気の色です。

柔らかな印象を与え、他の色とも合わせやすく
場の雰囲気にもなじみやすいですね。

結婚式にお呼ばれしたなら、服装のマナーを
見直しつつ、素敵なドレスを選んでくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ