スポンサードリンク

白髪染めで黒くなった髪を明るくする方法!ブリーチがオススメ?

髪の毛の分け目から、キラリと光る白髪
それがあるのと無いのでは、若々しさも、
だいぶ違ってきますよね。

白髪への、最初の手段として、毛抜きで抜く
と言う方法を、選ばれる方がいますが、
正直なところ、あまり良くありません。

a0780_000216-300x224
毛髪を無理矢理抜くと、毛根が痛んだり、
地肌を痛めたり
することが、あるためです。
最悪の場合、生えてこなくなる、なんてことも!

白髪を抜くのではなく、根元の方から、ハサミで、
切ってしまう
方法が、髪のためには、良いようです。

でも、髪の毛をかき分けたら、ごっそり、白いものが…。
なんて時には、もう染めた方が、てっとり早いですよね。

ただし、白髪は、メラニン色素が無いため、
なかなか、染まらなかったりします。

髪質によっては、ほんのり染めたかな~?
くらいの色合いでも、染まらないことも、あるんです。

ですので、白髪が多くなってきてしまった場合は、
無理に明るい色にせず、髪色を、押さえ目の茶色にする。
と言うのも、方法の一つです。

でも、白髪染めを使って、染めたのは良いけれど、
やっぱり、もっと明るい色に染めたい!
長い間使っていたら、真っ黒くなってしまった!

そんな時に使えるのは、ブリーチの中でも特に、脱染剤です。


スポンサードリンク





染めて黒くなった髪を明るくするには?


この脱染剤、初めて聞く方も多いと思います。
良くある、脱色剤とは、違うものです。
脱色剤と脱染剤の違いを、ご説明します。

脱色剤は、髪の毛に含まれる、メラニンを壊し
酸化脱色させるものです。

一方、脱染剤は、髪の毛に含まれる、メラニンや、
染めた、人工的な色素を、脱色
するものです。

これは、染めた髪の毛に含まれる、
アルカリ成分に反応し、その色素を抜きます。

脱色剤と脱染剤の両方とも、ヘアブリーチと言う名称で、
売られていたりもするので、ちょっとどちらか、
分かりにくいかも、しれません。

酸化染料を使っていないため、地肌がかぶれると言った、
トラブルは、あまりありません。

脱色と違い、メラニンを壊す訳ではないので、
脱染剤だと、髪の毛へのダメージを、
軽減することが出来ます。

しかし、痛みを、軽減出来るとは言え、
ヘアケアをきちんとしないと、
髪の毛を、痛めてしまうことがあります。

また、脱色剤よりも脱染剤の方が、コストがかかるため、
だいぶ割高です。

美容院によっては、扱っていない所もあるので、
美容院で、脱染剤を使って、明るい色の髪にしたい時は、
あらかじめ、確認した方が良いでしょう。

美容院でも、一万円くらいは、金額が、
かかったりもするので、ご自分で、やってみたい方には、
通販でも脱染剤を、購入出来るんですよ。

下の動画は、脱染剤を使って、黒く染めた髪の毛を、
明るい色に、変える動画です。

どんな色に変わるのか、気になった方は、
ぜひ、ご覧下さい。


オススメの脱染剤


レセ ティントコントローラー300g
メーカー:ホーユー
http://item.rakuten.co.jp/barber-bi/10002639/

こちらは、髪の毛のダメージを、それほど気にせず、
染めてしまった髪の毛を、明るく仕上げることが、出来ます。

刺激臭もなく、使いやすい脱染剤です。

プロオキサイド(n)6 プロオキサイド(n)2
メーカー:ホーユー
http://item.rakuten.co.jp/barber-bi/10002641/

脱染剤を使う時は、こちらの2剤か、6剤と、
レセ ティントコントローラーを、混ぜて使用します。

どちらを使うかによって、髪の明るさを、
調節
することが、出来ます。

髪の毛を黒く染め過ぎてしまった。
と言うあなたは、ぜひ、ブリーチの中でも、
脱染剤を試してみて下さいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ