スポンサードリンク

初めてのデート!彼女に着て欲しい服装は!?

デート
何て甘酸っぱい響きなのでしょう。

もしこれが、“初めての”がつくとしたら、
甘酸っぱい度は2倍3倍
あの独特の昂揚感、最近味わってないな…。

個人的な事情は置いといて、第三者の視点とは裏腹に、
初デートを控えた当事者の心境は、ウキウキばかりも、
していられません

何を着て行ったらいいのか
まず最初に、ぶち当たるであると、言えるでしょう。

制服やスーツなど、普段私服を目にしない関係であったなら、
なおさら。

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s-300x200

どんな服装をしていくかによって、今後、
お付き合いが継続できるか否かが、左右される
と言っても、過言ではありません。

世の女性の方々!
ずばり、彼氏が喜ぶ、彼女の服装って知りたくないですか!?


スポンサードリンク




白のワンピース鉄板説


ネット上に出回っている、男性の意見をピックアップしていて、
最も支持を集めていたのが、「白のワンピース
」です。

清楚な感じがいい」として、圧倒的な人気を、
誇っていました。

確かに、女性向けファッション誌でも、ワンピースは、
モテ服として、よく紹介されています。

更に、「白」という色にも、心理的効果があるそうで。

白色は、信頼感清潔感といった、クリーンで、
ピュアなイメージを、相手に与えます。

その為、女性が白色の服を身に付けていると、男性は、
その女性に対して好印象を持つのです。

確かに、白色の方が、顔も明るく見せてくれますよね!

ただ…。
着る側としては、うっかり汚してしまわないかが、
非常に気になるところではありますが。


パンツスタイルはやる気ナシと見なされる!?


「初デートでパンツスタイルだと、友達止まりかな、
と思ってしまう」

そんな意見を目にしました。

もっぱらパンツスタイルばかりの私には、大打撃です。

足に自信が無いもので、ついスカートは避けてしまうのですが…。

何だかんだ言っても、女性の足が嫌いな男性は、
そう多くないようで。

また、スカート=女性らしさのアピール、とも取れるため、
彼女がパンツを履いて来る、ということは、男として、
興味を持たれてないのかな、と思わせてしまうそう。

同じパンツスタイルでも、ショートパンツならOK、
という意見も。

初デートでなくても、普段パンツばかり履いている彼女が、
たまにスカートを履くと、「おっ」と思わせるそう。

ちょっとマンネリ気味かも…という時に、さらっと、
スカートを着こなすと、いい刺激を与えるかもしれません。

私もスカート苦手ですが、お店の店員さんに、
スカートの履きこなし術、教えてもらおうかな。

8c7773c961fa406eb74ae0c6db204c5d_s-300x225

絶対に忘れちゃダメ!女らしさ


しかし、十人十色という言葉があるように、
人の好みは、様々。

前章で、パンツスタイルはNGであると述べましたが、
逆に、パンツをキレイめに履きこなす女性に、
惹かれるという男性も、少なくありません。

要は、似合っていればいい、ということではありますが、
あまりに女性らしさに欠ける服装は、オススメできません。

数回デートを重ね、お互いのことをよく知った後であれば、
問題ないでしょうが、何せ初めてのデートです。

普段はカジュアルな服装が好きだったとしても、
“私は女性として、貴方を意識しています”と、
アピールするため
にも、ここはフェミニン系でいきましょう。

シフォンやニットなど、“ゆるふわ”を演出できるものが、
最適です。

淡い色合いの花柄ワンピースや、少し透け感のある、
柔らかい素材の、羽織りものなどをまとってみたり。

髪型も、ゆるく巻いてあったりすると、女性らしさが、
アップしますよね。


逆に避けたいのが、以下のとおり。

露出が多い服装
流行に乗り過ぎている服装
ブランドものでかためている服装
ジーンズにTシャツなど、女らしさが感じられない服装

適度な露出、チラリズムは、男心をくすぐるかもしれませんが、
いきすぎると、ただ品が無いように思われてしまいます。

流行に乗り過ぎるのも、あまりオススメできません。
初めてのデートは、定番スタイルが無難でしょう。

ブランドものばかり身に付けると、お金がかかる女…、
と断定されて、敬遠される可能性があります。

そして、ジーンズにTシャツ。オシャレに着こなす人も、
多いのですが、アウトドアやスポーツ観戦など、
アクティブなデートの時以外は、避けた方が良いです。

a059603e66969728a208e6d021a65ca1_s-300x201

初めてのデートは、次につなげるための、最初の関門

自分らしさは、小出しにしておいて、あくまで、
女らしい自分」を演出するよう意識しましょう!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ