スポンサードリンク

フリースジャケットで寒さ知らず!オススメのアウトドアブランド♪

冬。寒いですね。
当たり前ですが。

子供は、元気にサッカーの練習に汗を流す中、
いつも思うんです。「あー寒い!!!」

雪が積もるまでは、グラウンドでの練習ですから、
木枯らしが吹く中、じっとしてるのは辛いですね。
c49145c6a54e11939529a9b1f1e01f8e-300x199
しかし、雪深い地域では、普通の生活でも一歩外に出れば目が覚めるほどの寒さ!

身にこたえます・・・。

しかし、寒さ対策に
アウトドアショップでナイロンタイプのアウターを
購入しました!

すっかり、冬は頼りっきりです。

しかし、残念ですが、気軽に洗えないのが難点です。
次に欲しいのは、お手入れが楽な暖かいアウター

それが全部叶った上に、すごい機能まで備えたのが、
「アウトドアブランド」のフリースジャケットです。


スポンサードリンク





アウトドアブランドのフリースジャケット

アウトドアスポーツの服装とは、もちろん屋外での
活動を想定してのものとなりますね。

特に、自然の厳しい環境下でのスポーツの代表は、
寒さとの戦い、とも言える「登山」ですよね。
trekking-767995-m
登山では、冷たい外気をさえぎり、体温を保持するため、重ね着が基本です。

寒さ・暑さに対応させながら、
足し算・引き算していきます。

フリース素材のジャケットは、
登山には欠かせない必須アイテムです。

アウトドアブランドのフリースジャケットは、
タウンユースには、真似のできない機能性を備えています。

ですから、アウトドアブランドのフリースジャケットは、
寒い冬には、寒さ知らずでオススメですよ!

数あるアウトドアブランドの中でも、特に機能的で
寒さを感じさせない、フリースジャケットを紹介しますね♪

パタゴニア / R2ジャケット

基は、クライマーとサーファーが立ち上げたアウトドア
ブランドで、自然保護活動にも力を入れている会社です。

売り切れのショップが続出の、大人気のフリース
ジャケット、パタゴニアの「R2ジャケット」です!

細身でシャープなシルエットです。

伸縮性が優秀で、体の動きを妨げません。
保温性に優れており、冷たい外気もシャットアウト!

激しい動きによる体温の上昇にも、吸湿発散性
発揮し、暑くなりにくいです。

すぐに売切れてしまう人気アイテムです。
その年のモデルが出たら、迷わず購入をオススメ!

そんなパタゴニアのR2ジャケット、動画での商品紹介を
参考にしてみて下さい。



こんなに機能的で、スッキリしたデザイン!
人気があるのは、納得ですね♪

http://patagonia.com/
参考価格 \21,600-

ザ・ノースフェース / バーサロフトジャケット

テクノロジーの限界に挑戦し続ける、アメリカの
アウトドアブランドです。

耐寒性を最重視しつつ、軽量で動きやすいフリースです。
極細の毛足の長い起毛素材が、最高の保温性を維持します。

まさに、寒さに対してのテクノロジー技術を集結させた
フリースジャケットです!

ふわふわで極厚の襟が、首周りをしっかり覆うので、
首もとの隙間から入る、冷気もシャットアウトします。

下の参考動画は、ザ・ノースフェイスのバーサシリーズ
「エアージャケット」ですが、デザインなど似ていますよ。

暖かさは、ロフトジャケットの方が上です!



機能性とスマートなデザインのバランスが、素晴らしい!

www.amazon.co.jp/THE-NORTH-FACE
参考価格 \23,760-

モンチュラ / ポーラ コンフォート ジャケット

イタリアのクライミングブランドです。
おしゃれなデザインから、タウンユースにも人気です。

毛足の長い、しなやかで肌触りのよいボアフリースが、
抜群の保温性を発揮します。

脇から裾のかけて、ストレッチ素材がほどこされ、
軽量で、動きやすく着心地も抜群です!

www.montura.jp
参考価格 \19,950-

ホグロフス / スウーク フード フリース

「良質なものを、可能な限りシンプルに。
必要なものを、必要なかたちで作ること。」

機能的で、ムダのないデザインを追及する、
スウェーデンのアウトドアブランドです。

弾力性があり、暖かく着心地のよいフリース素材の
表面に、ニット素材を合わせています。

マイクロフリースが、ソフトで快適な肌触りを
生み出します。

シンプルなデザインですよ!

www.rakuten.ne.jp/gold/outdoorsquare/
参考価格 \17,280-

寒い冬を、快適な季節に!
暖かく快適に過ごせるような、アウトドアブランド
フリースジャケットは、いかがですか?


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ