スポンサードリンク

ニット帽を自分で作っちゃう?とても簡単編み方紹介!

最近、よく巷で見かけるニット帽。
すごく可愛くないですか?

パステルカラーで、季節感問わず、
若い女の子や、男の子が、おしゃれに被ってるアレ!

でも、買うとなると迷っちゃうし、
中々、自分に合う形も、難しかったりしますよね。

だったら!
いっそ、自分で、自分オリジナルを、作ってみませんか?

毛糸から選んで、
形・色・大きさなどなど、
ぜーんぶ、自分の好み通りにできたら、楽しいですよね。

でも、『編むのなんて、難しく無い?』と、
思っている、そこのあなたに、
簡単で、すぐできる編み方のご紹介。

ちょっとだけ、手を動かして、自分ブランド
作っちゃいましょう。


スポンサードリンク





準備するもの!

1)編む道具
  • かぎ針
    柔らかいたちを作り出し、女性的な帽子を
    作る方へおすすめの道具。
  • 棒針
    カジュアルなイメージの、帽子を作るなら、
    棒針を使った、網目の、はっきり出るものが、お勧め。
  • 指編み
    こちらは最近流行りの、毛糸だけで、道具を使わず、
    自分の指で、編んでいく手法。
2) 型紙

もちろん、メジャーで、自分の頭を、きっちり測って、
ゲージを取って、作っていかれればいいのですが…

ゲージって?大きさってどうやって図るの?
と、思いませんか?

ということで、今回は裏技!
  • 自分が持っている、既存の帽子に、合わせる。自分が、元々持っているものを、テーブルに置いて、
    かぎ針編みでも、棒編みでも、被り口部分から、
    合わせて編んで行きます。
  • 紙で型紙を作る。パターンを作るのは大変。
    なので、紙で『帽子』を描いて、それを切り抜き、
    その紙に合わせて、編んで行きます。
どちらも合わせるときは、
元の形より、少し小さめに合わせるのがコツ!
毛糸なので、伸びるから、多少小さくていいのです。

実際の編み方

では編み方に行きます。
今回は一番簡単棒編みで紹介しますね。

まずは下の図から。

5cb80710c36b1645c931600a22cfcac1-300x290
何これ?と思うでしょ?
でも、これが一番簡単な編み方なんです。

棒のサイズは8号~10号で、毛糸の太さはお好みで。
(因みに太くすると、かっちりした形になりますが、重くなります。)
(逆に細いと、ふんわりしますが、伸びやすく、洗うと縮みます。)

次に、糸と棒が決まったら、ゴム編みの部分から

型に合わせて、目を作り、大体20段~30段編みます
倍の段にして、折り返しの使用でも、可愛いかも。

そのままメリアス編みにして、ゴム編みの倍くらいの長さまで編みます
輪にして編めない方は、このまま折り返して、メリアス編み、ゴム編みをして、
マフラータイプにしちゃいましょう。

最後に両サイドを縫えば、帽子の出来上がり。

673a2c564f55d84d61a339038b3d2f28-300x191
そして、両サイドに、三つ編みで、ボンボンをつけて、ちょっとおしゃれ。
この紐を、クロスして、頂点で縛るのも、可愛いですよ。

そのほか、全部ゴム編みにしても、カジュアルで可愛いかも。

982d7c2ead61b5f43060a39852d49f14-300x225

目数を足したり、引いたり、しない、簡単帽子
是非一度、試してみてください。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ