スポンサードリンク

コンタクトとメガネ!上手な併用方法はこれ!

視力が悪くなり、生活に支障が出ると、
わたしたちは、視力矯正のため、
眼科に、行きます。

通常、視力矯正のため、
コンタクトレンズか、メガネを、購入します。

コンタクトレンズを使用することにした場合、
メガネも購入した方が、良いのでしょうか?

073882-201x300
おそらく、強度近視の場合、
コンタクトとメガネの度数は、異なるでしょう。
その場合、目にとっては良くないでしょうか?

コンタクトとメガネの併用の良し悪しと、
併用の仕方
をご紹介します。


スポンサードリンク





コンタクトと、メガネの併用は大丈夫か?


結論から言うと、大丈夫です。
むしろ、目にとって良いです。

コンタクトレンズは、目に直に入れるので、
目への負担は、避けられません。

目の休息のため、家にいる時など、
別に、しっかりはっきり遠くの物が、
見えなくて良い時には、メガネで良いでしょう。

コンタクトとメガネの度数は、どうでしょうか?

強度近視の場合、
コンタクトを1.0、メガネも1.0にすると、
メガネ使用の時、クラクラすることでしょう。

メガネは、コンタクトより、レンズが、
目から離れています。

度数を上げる必要があるため、
このようなことが、起こります。

それで、大抵は、メガネの度数を下げることでしょう。
このように、コンタクトとメガネの度数が、
異なっていても
、目に支障はないのでしょうか?

答えは、「問題ありません」です。
むしろ、TPOに合わせて、コンタクトと、
メガネを使うことを、お勧めします。

この併用方法がおすすめ


コンタクトにも、メガネにも、長所と短所があります。
それを理解して、使用することは、良いことです。

082681-253x300
コンタクトは、
「視野が広い・顔のイメージを損なわない」、
「スポーツなどに最適」だと、良い面があります。

しかし、リスクが、あります。

コンタクトは、直に目に入れるので、
ドライアイになりやすい・角膜に傷がつくなとの、
可能性があることを、忘れないようにしたいです。

もちろん、メガネにも、プラスマイナスがあります。
「簡単・いつでも使える・ファッション性」
「重い・曇る・汚れる・視野狭い」などです。

それでも、
コンタクトの使用は、最小限にしたいと思います。
それで、このような使い方はどうでしょうか?

車の運転は、あまり度が弱いと危険ですので
度数が強めの、「コンタクト」を。
外出・スポーツをするときも。

仕事などで、パソコン使用など、
近いものを見る機会が、多い場合、
仕事に支障がない程度の度数の「メガネ」を。

他にも「メガネ」の使用機会で、おすすめは、
仕事から家に帰ってきた時や、ゆっくり過ごす、
休みの日
などです。

まとめ


コンタクトだけの使用というのは、お勧めできません。
眼病にかかる・コンタクトを切らす」などの時、
メガネが必要になるでしょう。

また、目にできるだけ、負担をかけないようにするため、
目の休息のため、コンタクトは必要な時だけと、
使い分けましょう。

眼病予防として、
コンタクトの一日の使用時間は、ソフトなら12時間以内、
ハードなら16時間以内が、良いと思われます。

もちろん、異常を感じたら、
すぐに、装着をやめるようにしましょう。

今は、おしゃれなメガネも出ていますので、
それらを試して、外に出かけるのも、楽しいですよ。

どちらも、上手に使い分けながら、
自分の大切な目を、守っていきましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ