スポンサードリンク

水族館の撮影テクニック!簡単に綺麗に撮る方法とは?

水族館での写真撮影って、難しいですよね!

animal-21962_1280-300x199

写真を撮ろうとすると、フラッシュが焚かれて
ガラスに反射してしまったり、
画面がぶれてしまったり…。

水族館の中は、証明が暗く、奇麗な写真を
とるのは、なかなか難しいです。

私は、以前写真屋で働いていたので、
お客さんから、撮影方法を聞かれる事が
何度かありました。

ですので、写真初心者の方でも、
お持ちのデジカメで、簡単、そして奇麗
撮影する方法をご紹介します。


スポンサードリンク




写真撮影の前に知っておきたい事


  • フラッシュはたかない

  • 写真を撮る際に、薄暗い照明だと、
    自動的にフラッシュが光る場合が多いですよね。

    フラッシュをたくと、魚の健康を害する場合が
    あり、フラッシュ撮影を禁止している水族館が
    たくさんあります。

    同時に、フラッシュをたくと、ガラスに
    反射して、うまく撮影できないので、
    フラッシュは必ずオフにしておきましょう。

  • ISO感度を高くして撮影する。

  • 薄暗い館内での撮影は、シャッタースピード
    遅くなり、被写体がぶれてしまいます。

    そこで、ISO感度を上げて撮影します。

    ISO感度は、数字が大きくなるにつれ、感度が
    高くなり、暗い場所での撮影には適しています。

    ただ、感度が高くなると、その分、
    画質も悪くなります

    撮影する被写体や、明るさにによって、
    変わりますので、それに応じた感度
    設定しましょう。

    普通の水槽なら、感度は400〜1600位
    暗めなら、1600〜3200が目安です。

    私のデジカメは、安物のコンパクトカメラ
    なので、感度は、1600までしか設定できません…

    しかし、深海魚など、暗い水槽でない限りは、
    1600までで大丈夫でした。


camera-275007_1280-300x199

実際に写真を撮ってみよう!


それでは、実際に写真を撮ってみましょう。
撮影するときの、ポイントは2つ

この2つを守れば、初めてでも、
奇麗に撮る事ができますよ!


  • ガラスに対してカメラを垂直に構える


  • 斜めから撮ると、画質も落ち、被写体が
    ゆがんでしまうので、奇麗にとれません。

    必ず、ガラスに対して、垂直にカメラを構え、
    手ぶれを起こさないように、しっかりと
    脇をしめて撮影しましょう。

  • 水槽にレンズがほぼくっつく位近づける


  • 離れて撮影すると、照明などが写り込み
    奇麗な写真が撮れないので、水槽にぴったり
    くっつくように、撮影しましょう。

    ただ、この方法ですと、真正面のみの写真しか
    撮る事ができません。

    正面以外の写真を撮る場合には、
    レンズと水槽の隙間にできた空間を手で覆うと、
    照明などの光を遮る事ができます。




水族館での写真撮影 応用編



dolphin-173338_640-198x300


  • ホワイトバランスを変えてみよう


  • ホワイトバランスは、色合いを調節する事が
    できる機能です。

    太陽モードや、蛍光灯モードなどがあり、
    マニュアルで指定した色合いに
    設定する事もできます。

    オートだと、見た目と違う色になってしまう
    事もよくあるんです。

    どのモードが良いかは、その場所によっても
    かわるので、撮影しながら、変えてみて
    くださいね。

  • 動きが速い魚は自分も動く

  • 動きが速い魚や、動物は、シャッタースピードを
    短くしても、ぶれてしまいがちです。

    そんな時は、自分も魚の動く方向に合わせて
    カメラを動かして撮りましょう。

    慣れるまでは、難しいかもしれませんが、
    是非やってみて下さい!

    連写モードで撮ってみるのも良いですね!

  • イルカショーを撮りたい!


  • イルカショーのジャンプシーンを撮るのは、
    なかなか難しく、高度な技術が必要です。

    初めての場合は、イルカのアップに
    こだわらずに、広範囲から挑戦してみましょう。

    シャッターボタンを半押しにして、ピントを
    水面で合わせた状態で待ち、イルカがジャンプしたら
    シャッターを押します。

    難しければ、最初は、連写モードにしてみるのも
    良いと思います。


いかがでしたでしょうか?

撮影のポイントを守れば、コンパクトカメラでも、
奇麗な写真を撮る事ができます。

いままで、なかなかうまく撮れなかった方も、
是非、挑戦してみて下さいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ