スポンサードリンク

家を買いたい!頭金は1000万くらい必要ってホントなの?

そろそろマイホームが欲しいなぁ…♪
なんて、友人と話していたら

頭金、いくらたまってる?

という話になりました…!
以前、家を買った友人が言うには

頭金が1000万は必要だよ!
との事です…

でもでも、家を買う時には、大体家の価格の一割が
印紙代や登記など、諸費用に消えると言うし
頭金に1000万用意するって、難しいよー!

1000万、頭金に用意できないうちは
家は買うべきじゃない、ってこと?

と、私、ちょっと不安に思いまして
金融に詳しい友人に相談して、色々調べてみました!
それを今回は皆さんにも、ご紹介しますね…!


スポンサードリンク





頭金1000万のメリットとは?


なぜ、頭金は1000万あった方が良いと言われるのか。
その一番の理由はズバリ、利息とのことです。

同じ価格の家を買っても
銀行から借り入れる金額が、少なくて済めば
その分、銀行に支払う利息も少なくて済む…

つまり、頭金は多ければ多いほどイイ!
1000万という金額は
その目安としてキリのいい金額、というだけのようです。

MSN不動産のデータによれば
家を買った人、300人のうち

頭金が1000万以下、と答えた人は
全体のなんと、54.7パーセント!
半数以上の人が、1000万も用意していないんです!

実際に頭金をいくら用意する必要があるかは
購入しようとする、物件の金額によるそう

何が何でも1000万、頭金を用意していないと
家を買えない!なんて事は無いんですね!
安心しました!

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s-300x200

ホントに必要な頭金ってどれくらい?


頭金は、物件価格の2割
用意した方が良い、といわれています。

これは、物件価格に占める借入額の比率(担保掛目)を
物権価格の8割以下とするのが
一般的な、住宅ローンの貸し出し基準だからです。

なんだか、わかりにくいですよね…
これを詳しく説明すると
大体、以下の様な説明になるとのことです。

銀行は、住宅ローンの貸し出しをする際には通常
借入者の購入する住宅に、担保権を設定して
確実に貸付金を回収するための、保険にします。

万が一、返済がなされなかった場合には
銀行は借入者の住宅を売って
貸付金を、回収しようとするわけですね。

ただ、住宅の価格は年数と共に下がるのが普通ですから
借入者が購入した販売価格では、住宅は売れません。

銀行は、何かあった時に
貸付金を100パーセント回収するために

貸し付ける金額を
住宅の販売価格の8割以下に抑えたいと考えます。

そこで、住宅価格の2割程度の頭金を用意するよう
借入者に要求する、というわけですね。

最近では、住宅ローンの貸し出し競争が激化しており
頭金なしでも、借りられる場合もあるようですが

大体、住宅価格の2割程度の頭金を用意しておくと
金融機関の選択肢も広がり
手続きが、スムーズなようです…!

112075-269x300

実際にはいくらくらい必要なの?


住宅金融支援機構の実施している、調査によれば
長期固定金利住宅ローン「フラット35」利用者の
平成24年度の、物件別、平均購入価格の全国平均は

新築では

土地付き注文住宅で3561.6万円
建売住宅(土地含む)で3206.4万円
マンションで3757.6万円

中古住宅は

戸建で2183.5万円
マンションで2509.5万円

となっています。

この2割の金額を頭金にすればよい、と考えると
大体、頭金の平均は物件により436万~752万程度
という事になります。

必ずしも、1000万に
こだわらなくても、いいんですね…!


まとめ


家を買うなら頭金は1000万以上!
それは確かに、理想ですが
やっぱり実践するのは、なかなかキツイ…!

最近では、ネット銀行などの台頭により
以前よりも頭金の重要度が低下しているらしいです。

住宅金融支援機構の行った、アンケートによれば
なんと全体の51パーセントにも上る金融機関が
頭金は0円でも大丈夫、と回答しています!

逆に、頭金は2割以上必要、と回答した金融機関は
全体の29.2パーセントに留まりました。

とはいえ、頭金をより多く入れておけば
利息の支払いが少なくて済むことは確かですし

やはり頭金があった方が
金融機関の選択肢が増えるのも、事実のようです。

また、40代以降に家を買う場合には
返済期間が、短くなってしまうので
なるべく頭金は多めに貯めておいた方が良いそうです。

私は悩んだ末、頭金の貯金を始める事にしました…!

取りあえずは、旦那のお小遣いを少し減らして
出来るだけ、無駄な買い物は控えて…

まずは、住宅価格の2割を目指して、貯金がんばります!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ